薬剤師のホンネ調査

薬剤師のホンネ調査

厚生労働省の「平成27年賃金構造基本統計調査」によると、薬剤師の平均給与は533万円です。全職種の平均は約440万円。一般的には収入の高い薬剤師ですが、仕事の内容、責任、労働時間…などさまざまな視点を考慮した上での「満足度」はどうなのでしょうか。結果は、「やや満足」「やや不満」がほぼ同数。「多いに不満」という声も... 続きを読む

医療の多様化に伴い、薬剤師の役割が大きく変化しています。より高い専門性や役割が求められる中、薬剤師のスキルアップのためにどんな知識や資格の取得が必要と感じているのでしょうか。病院・薬局薬剤師ともに志望傾向は変わらないものの、回答数の割合に注目すると業務の違いによる特徴が見えてきます... 続きを読む

m3.com薬剤師会員のの8割以上が「見る」と回答している医療ドラマや漫画。もし「薬剤師がメインの保険薬局物語がドラマ化されたら」「人気の医療ドラマに薬剤師が登場したら」、みなさんは誰に薬剤師役を演じて欲しいですか?薬剤師が選ぶ、“薬剤師”が似合う俳優、大公開中!... 続きを読む

  • 院内/院外処方のメリットは?

    2015年度、全国の医薬分業率が初めて70%に達しました。その一方で、患者の利便性等を背景に分業体制を見直す動きも。院内/院外処方それぞれのメリットとデメリットは?

  • 転職の理由は?

    人手不足のため、長らく売り手市場と言われている薬剤師業界。そのためか転職が多い職種と言われていますが、実際はどうなのでしょうか?転職経験、その理由について調査しました。

  • 「かかりつけ薬剤師」の同意書もらった?

    2016年度調剤報酬で新設された「かかりつけ薬剤師指導料」「かかりつけ薬剤師包括管理料」。算定への取り込み状況に、薬局間に温度差が生じているようです。

  • 医療ドラマ、見てる?

    ここ数年、医療に関するテレビドラマが人気で、年間を通して放送されています。医療従事者である薬剤師のみなさまは、医療に関するフィクションをどのように楽しんでいますか?

  • 薬剤師の「在宅医療」、大変なのは?

    地域包括ケアシステムの推進に伴い、在宅医療の重要度が増しています。多職種と連携する在宅医療に薬剤師として関わることの難しさとは?多くのコメントが寄せられています。

  • 人間ドック、受けている?

    労働安全衛生法で定められた1年に1回の健康診断や人間ドック。医療従事者が「受けたい」と回答した人間ドックの種類とは?

  • 将来の職業として、小学生に「医師」を勧める?

    子どもの夢、親が就かせたい職業で常に上位にあがる「医師」。もし現在、ご自身が小学生だったとしたら「医師を目指したい」と思いますか?それとも薬剤師ですか?

薬剤師の先生におすすめのm3.comサービス

MR君

MR君

最新の医療情報・医薬品情報が届きます。

薬剤師掲示板

薬剤師掲示板

仕事の悩みやフリートークなど全国の薬剤師が集うコミニティ。

DI Station

薬剤評価 DI Station

薬剤師と医師限定。薬のクチコミや5段階評価が見られます。

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

キャリア 医療過誤・ヒヤリハット 店舗経営 医療クイズ ebm 感染症対策 薬剤師あるある アセスメント 調剤基本料 薬剤師ブロガー