1. 薬剤師トップ
  2. 研修認定薬剤師対応講座(m3ラーニング)
  3. これからの薬剤師に欠かせないコミュニケーションのポイント
クリックするとサンプル動画をご覧になれます。

これからの薬剤師に欠かせないコミュニケーションのポイント 2018/05 公開

3単位

次の3動画を受講、3単位を取得できます。

  • 第1部
    54分
    地域に選ばれる薬局・薬剤師になるために必要な業務上の視点
  • 第2部
    71分
    薬剤師の価値を高めるコミュニケーションのポイント
  • 第3部
    73分
    薬学的かつコミュニケーションも意識した服薬指導のポイント

全ての動画を受講し、確認テストに合格すると、薬学ゼミナール生涯学習センター(G13)に3単位を交付申請できます。

通常価格: 3,055円 税込
ログインして会員優待価格を見る
ログイン 新規会員登録
  • この講座で学べること
    薬剤師は、地域包括ケアシステム時代の中で他職種との連携がさらに求められる。この講座では、薬剤師の視野を広げるとともに、コミュニケーションのポイントや、薬剤師の業務に沿った具体例を挙げながら解説していきます。コミュニケーションスキルを習得し、各々の業務に取り入れることにより、社会に求められる薬剤師となるための講座です。
  • 「対物から対人へ」・・・地域住民に信頼される薬剤師になろう!
    【第1章】地域に選ばれる薬局・薬剤師になるために必要な業務上の視点
    地域包括ケアシステム構築に向け、薬局や薬剤師のあり方に変化が求められている。地域に根差した存在として、外来調剤や在宅医療、健康サポート、他職種連携に取り組むにあたって必要な視点や具体的行動を学ぶ。

    【第2章】薬剤師の価値を高めるコミュニケーションのポイント
    「対物から対人へ」の流れの中、患者・生活者、他職種など、薬剤師はそのコミュニケーション力を益々高めていかなくてはならない。また、チームワーク強化も求められている。コミュニケーションの本質と実践的スキルを学ぶ。

    【第3章】薬学的かつコミュニケーションも意識した服薬指導のポイント
    地域包括ケア時代において、薬局薬剤師には「正しい情報を正しく伝えるスキル」に加えて、「患者一人一人に合わせたコミュニケーションスキル」が求められる。薬学的な視点だけでなく、患者の価値観や性格なども踏まえた服薬指導のポイントを学ぶ。
  • 取得できる単位について
    第1~3部の動画視聴と確認テストを全て終えると、薬学ゼミナール生涯学習センター(G13)に3単位を交付申請できます。
    ※本認定単位は日本薬剤師研修センターなどCPC認証研修制度間で原則互換性があります。
講師プロフィール
  • 写真

    株式会社医療経営研究所 取締役

    佐藤 健太 先生

    ・米国NLP 協会公認NLP マスタープラクティショナー
    ・東北大学薬学部 講師(コミュニケーション講座)
    ・千葉市薬剤師会 薬学実習生担当講師
    ・メディカルナレッジ 薬剤師生涯研修担当講師

    伝え方コンサルタント”として、経営コンサルティングに加えて、心理学をベースにした「人間力」を高めるための研修や講演、セミナーを、全国各地の病院、薬局、介護施設等で年間80件以上実施している。参加者からは「こういう研修は初めてです!」、「人生観が変わりました!」との喜びの声を数多く頂いている。

  • 写真

    薬剤師 日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師

    山内 一也 先生

    これまで大手ドラッグストアで調剤は元より、現場を支えるマネジャーとして、個別指導対応、在宅導入、調剤過誤対策、保険外収入の拡大、行政対応等の現場支援を行う。
    その後、現場に必要とされる人材の育成が必要不可欠と考え、本部の教育担当として、薬剤師に必要なスキルを習得するための研修、そして薬剤師という枠に囚われずに一企業人として必要なスキルを習得するための研修を企画・立案・実施してきた。
    現在の薬局業界で起きている医薬分業に匹敵する大きな変化を、薬局の価値向上のチャンスととらえ、「調剤+α」を合言葉に奮闘している。

その他の講座
講座の購入 ~単位取得までの流れ

本講座は、一般社団法人薬学ゼミナール生涯学習センター(認証研修機関G13)のe-learning教材です。講座受講・確認テスト修了後に薬学ゼミナール生涯学習センターに単位シールを申請できます。詳しくはこちら

  • m3.comで購入 講座を選択し、m3.comでクレジットカード決済にてご購入ください。
  • 受講 5~10分後、本ページから動画閲覧(受講)が可能となります。視聴完了後の確認テスト(10問)を受験してください。(合格まで何度も受験できます。)
  • 生涯学習センターに単位申請 確認テストに合格したら、薬学ゼミナール生涯学習センターに単位交付を申請してください。(単位交付料として 別途620円(税込み)が必要です)
  • 生涯学習センターから単位が届く 単位申請1カ月以内に、薬学ゼミナール生涯学習センターから単位シールをお送りします。(ご購入時に送付先を入力してください)
最近よくいただく質問
  • Q
    受講や単位申請の期限はありますか?
    購入後1年経過しますと、受講、単位交付申請できません。1年以内にお済ませください。
  • Q
    単位シールには何が記載されていますか?
    • 研修区分:E-Learning
    • 発行日:「単位交付を申請する」ボタンをクリックした日が記載されます。手帳に記載する「受講年月日」や「日付」には、この発行日をご記入ください。
    • 研修コード:G13-で始まる、研修番号です。
    • 学習者:薬学ゼミナール生涯学習センター(G13)へ単位申請手続きでご登録いただく氏名が記載されます。
    薬学ゼミナール生涯学習センター(G13)への申請者氏名とm3.com会員氏名・注文者氏名と合致しているかご確認をお願いします。m3.com会員氏名・注文者氏名を変更されたい場合は、「注文確認メール」に返信するかたちで「G13単位申請のため、会員氏名、注文者氏名の変更」とご依頼ください。
  • Q
    単位シールはいつごろ届きますか。
    入金確認後、1カ月以内に薬学ゼミナール生涯学習センターから送付されます。
会員登録メリット

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

調剤報酬改定 薬物療法・作用機序 てんかん 服薬指導 漢方 学習方法 その他医療制度 研修認定薬剤師資格 OTC医薬品 薬剤師会