• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 国家試験 注目の問題
  4. 医薬品に異物混入!検出法や対応法わかりますか!?

国家試験 注目の問題

更新日: 2021年7月30日

医薬品に異物(発がん性アリ)混入!検出方法や対応方法わかりますか⁉

第106回薬剤師国家試験【注目の問題】の画像

国試には、その時代背景に合わせた問題が出題されます。既に現場で活躍している薬剤師の方には、「いまの時代に問われている知識や資質」を再確認し、新人薬剤師を採用する会社・店舗の薬剤師の皆さんには、新人薬剤師さんとのコミュニケーションに役立てていただきたいと思います。今回は問204-205について解説します。

問204~205

米国食品医薬品局より、ある医薬品の原薬から微量のN-ニトロソジメチルアミン(NDMA、下図)が検出されたとの発表があった。NDMAは発がん性が報告されており、薬物の原薬に混入したり製造工程で生成される可能性がある。そこで、品質管理に携わっている製薬企業の薬剤師は、ガスクロマトグラフィー/質量分析計(GC/MS)を用いて自社製品中のNDMAの混入を調べることにした。

第106回薬剤師国家試験【注目の問題】の画像1

問204(物理)

この分析に関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。

  • 移動相(キャリヤーガス)として酸素や二酸化炭素が用いられる。
  • キャピラリーカラムを用いることが可能である。
  • MSにおけるイオン化法として、主に電子イオン化(EI)あるいは化学イオン化(CI)が用いられる。
  • MS以外に水素炎イオン化検出器(FID)を用いてNDMAを検出することも可能である。
  • GC/MS以外にHPLC/MSを用いることも可能である。

解答

すべてのコラムを読むには m3.com に会員登録(無料)が必要です

原田 真理の画像

原田 真理
はらだ まり

学校法人 医学アカデミー 薬学ゼミナール オンライン教室、講師(化学)、薬剤師。日本大学卒業。

QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

国家試験 注目の問題

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

薬剤師ブロガー 糖尿病 調剤報酬改定 国試 OTC医薬品 パーキンソン病 ファーマスタイル 医療クイズ ランキング 疾患・病態