• 薬剤師
  • コラムが読める

薬剤師のための最新コロナ対策

更新日: 2021年2月17日

新型コロナワクチン3社(ファイザー・モデルナ・アストラゼネカ)の違いは?

新型コロナワクチン3社(ファイザー・モデルナ・アストラゼネカ)の違いは?

新型コロナウイルスワクチンの開発は、世界中の企業や大学において急ピッチで進められています。このうち日本での供給が正式に決定している海外で開発されたワクチンは、ファイザー社(米国)、英国アストラゼネカ社(英国)、米国モデルナ社(米国)の3社。この3社のワクチンはどのようなものかをご紹介します。〈令和3年1月20日現在〉

各メーカーの新型コロナワクチン基本情報と治験

各社のワクチンのタイプは?

ファイザー社:mRNAワクチン

アストラゼネカ社・オックスフォード大:遺伝子組換えチンパンジーアデノウイルスベクター ワクチン

モデルナ社:mRNAワクチン

臨床試験の進捗状況は?

ファイザー社:2020年7月からアメリカなどで第3相試験を実施(4,4万人規模)。日本での治験は2020年10月から開始している。

アストラゼネカ社・オックスフォード大:2020年5月からイギリスで第2、第3相試験を実施。6月からはブラジル(1万人規模)で、8月からはアメリカ(4万人規模)でも第3相試験を開始している。日本国内での治験は、2020年8月下旬から実施中。

モデルナ社:2020年7月からアメリカ(3万人規模)にて、第3相試験を実施している。国内での治験は、2021年1月から開始する予定。

日本への供給はいつ?

ファイザー社:2021年内に約1億4400万回分の供給を予定。

アストラゼネカ社:2021年初頭から1億2000万回分を受け取る予定。
そのうち約3000万回分は第1四半期中に供給予定となっている。国内での生産も計画されており、JCR ファーマ株式会社でワクチン原液を製造、第一三共株式会社、第一三共バイオテック株式会社、Meiji Seikaファルマ株式会社、KMバイオロジクス株式会社にて製剤化する。

モデルナ社:2021年内に全世界へ5~10億回分の供給を計画。日本国内では、武田薬品工業株式会社を通し2021年6月までに5,000万回分を輸入し、2021年7月~9月に1,000万回分の供給を受ける契約が締結されている。

取り扱いには違いがあるの?

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

※現在、ソーシャルログイン機能を停止しております。
ご迷惑をお掛けしますが、新規会員登録の上、ご利用ください。

薬剤師コラム編集部の画像

薬剤師コラム編集部

「m3.com」薬剤師コラム編集部です。
m3.com薬剤師会員への意識調査まとめや、日本・世界で活躍する薬剤師へのインタビュー、地域医療に取り組む医療機関紹介など、薬剤師の仕事やキャリアに役立つ情報をお届けしています。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

薬剤師のための最新コロナ対策

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

書籍プレゼントキャンペーン

19万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード

書籍プレゼントキャンペーン