1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師コラムランキング一覧

ランキング一覧

  1. 1
    【薬剤師向け】高齢者糖尿病治療ガイド2021の要点
    糖尿病は若年者と高齢者で治療のアプローチが異なるケースが多く、糖尿病治療ガイドとは別に「高齢者糖尿病治療ガイド」が作成されています。その最新版が2021年に発行されました。今回から、高齢者糖尿病治療ガイド2021の要点を解説していきます。
  2. 2
    Q.ベンザルコニウムを含まない点眼液は?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「ベンザルコニウムを含まない点眼液は?」
  3. 3
    ダメ文章から学ぶ「読みやすい文章」の書き方
    わかりづらい、読みづらい、読んでいてなんだか疲れる文章に共通した特徴から、薬歴やトレーシングレポートを書く際に役立つ“読みやすい文章の書き方”のポイントを紹介します。
  4. 4
    イベルメクチン治験、コロナ有効性確認できず|注目の臨床ニュース
    薬剤師必見!9/26~10/2の新着臨床ダイジェストニュースの中から、薬剤師ブロガーキクオが注目したニュースを1位~5位までランキング!1位のニュースと注目した理由とは?
  5. 5
    担当者に聞いた!チャットボットの特徴や活用方法とは?
    製薬企業において導入が進む、チャットボットに関する話題です。薬剤師の利用実態や各企業が提供するチャットボットの特長、有効的な活用方法が分かります。
  6. 6
    中医学からみる「糖尿病」
    様々な疾患の病態、症状、薬の作用機序を中医学の観点からアプローチする本シリーズ。今回取り上げるのは「糖尿病」です。ちょっとした患者様への情報提供にお使い下さい。
  7. 7
    「フォローアップの必要なし」は間違い。もし必要ないなら理由も書く
    「明らかに2つのプロブレムがあると考え、SOAPを2つ(その他もいれると3つ)に分けてみました。だいぶわかりやすい薬歴になったと思うのですが、いかがでしょうか。」とのお悩みに、服薬ケア研究所所長 岡村祐聡氏がアドバイスします。
  8. 8
    言いにくい薬剤名ランキング!!(前半)
    患者さんが薬剤名を間違えてしまうこともあるのですが、じつは薬剤師も言いにくい薬剤名に苦慮しています。そこでm3.com薬剤師会員の皆さんに「言いにくい薬剤名」について独自調査を実施。ベンゼン三兄弟が分かりやすいランキング形式でご紹介します。
  9. 9
    Q.小児に適応が認められているACE阻害薬は?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「小児に適応が認められているACE阻害薬は?」
  10. 10
    フォローを意識した服薬指導に悩む薬剤師
    「先輩薬剤師から、「服薬指導後のフォローも意識するように」と言われましたが、いまいちピンときていません。何を意識して服薬指導をすればよいのでしょうか?」との相談に、村尾先生がアドバイスします。
  11. 11
    なんと言われようと、このまま渡すわけにはいかない
    これまで大好評だった『疑義照会・失敗列伝』の4thは視点を変えた患者さんとの失敗談についてです。今回は、「なんと言われようと、このまま渡すわけにはいかない」です。
  12. 12
    Q.メチコバール錠が粉砕に適さない理由は?
    薬剤師も理解しておきたい医療知識を出題!今回の問題は「メチコバール錠が粉砕に適さない理由は?」です
  13. 13
    Q.テオフィリンの半減期、小児と成人で違いは?
    薬剤師も理解しておきたい医療知識を出題!今回の問題は「テオフィリンの半減期、小児と成人で違いは?」です
  14. 14
    この筋肉痛はスタチンのせい?(後編)
    前回は、業務中疑問を解決するツールとして、添付文章やガイドラインのほかに論文を参考にするとご紹介しました特にPECOで定型化できるタイプの疑問に対して非常に有益な示唆を与えてくれましたね。そこで今回は、実際にどのようにしてお目当ての論文にたどり着くのかについてご説明します。
  15. 15
    余計な装飾を減らして文章をわかりやすくしよう!
    読みやすい文章の書き薬歴やトレーシングレポートなどに役立てようという本シリーズ。前回は、「文字の置き換え」や「単語の並びかえ」で文章の組み立てを変えて、読みやすい文章に改善することができました。今回は、余計な装飾を減らした読みやすい文章の書き方をご紹介します。
  16. 16
    調剤過誤を見抜け-ワーファリン編-
    常にてきぱきと対応することが求められる薬剤師さん。同時に正確さも求められるため、ついやってしまいがちな行動や思い込みをなくすきっかけとなれば調剤過誤を防げます。シリーズ2本目は、ワーファリンについてご紹介します。
  17. 17
    「顆粒」「細粒」「散」「ドライシロップ」の違い
    薬剤師にとって「知っていて当たり前」とされていても、ど忘れしてしまったり、意外と抜けてしまっていたりする知識は出てくるもの。今回復習するキホンは「顆粒、細粒、散、ドライシロップ」です。
  18. 18
    Q.ケトプロフェンによる光線過敏症対策で避けるべき日焼け止めは?
    薬剤師に必要な医療知識をクイズで出題。併用禁忌や副作用、服用方法など薬剤師には覚えておきたい薬剤クイズを学習・復習していきましょう。薬剤師が知っておきたい今回の問題は、「ケトプロフェンによる光線過敏症対策で避けるべき日焼け止めは?」です
  19. 19
    日本褥瘡学会在宅褥瘡予防・管理師 超丁寧解説!
    日本褥瘡学会在宅褥瘡予防・管理師とは?資格の概要、認定団体、取得メリット、役割、試験や論文・学会発表の有無といった取得方法や取得にかかる費用、更新情報、参考書、難易度までわかりやすく解説します。
  20. 20
    Q.閉塞性イレウスの患者に禁忌の消化器官薬はどれ?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「閉塞性イレウスの患者に禁忌の消化器官薬はどれ?」

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

糖尿病 薬物療法・作用機序 業界動向 学習方法 ファーマスタイル 医療クイズ 疾患・病態 薬歴 ebm 感染症対策