• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師のための最新コロナ対策
  4. 副反応は?補償制度は?新型コロナワクチンの疑問

薬剤師のための最新コロナ対策

更新日: 2021年2月28日

新型コロナワクチンの副反応はどのようなもの?起きた場合の補償制度はあるの?

副反応は?補償制度は?新型コロナワクチンの疑問の画像1

これまで報告のあった副反応は?

ここでは国内での接種が決まっている、ウイルスベクターワクチンとmRNAワクチンの副反応についてとりあげます。

局所反応 ―― 接種部位の疼痛・発赤・腫脹

局所反応では、ウイルスベクタ―ワクチンと比べてmRNAワクチンのほうが接種部位疼痛の頻度が高くなっています。この頻度は成人における不活化インフルエンザワクチンと比べてはるかに高い頻度です。

全身反応 ―― 発熱・倦怠感・頭痛・寒気・嘔気、嘔吐・筋肉痛・関節痛

双方のワクチンで、倦怠感、頭痛、嘔気・嘔吐、筋肉痛などの頻度が高く、全身反応の有害事象も高頻度でみられています。ですが、これらの症状は対照群でもある程度みられるため、よく識別するが必要があります。発熱(38℃以上)に関しては、1回目よりも2回目の接種後で多くなっています。発熱は対照群ではほとんどみられていないため、ワクチンによる副反応の可能性が高いと思われます。この傾向は、高齢者層よりも若年者層で高くなっており、特にmRNAワクチンではより頻度が高いため注意を要します。ウイルスベクターワクチンの場合は、一回目に24,5%と高頻度でみられたものの、その後はみられていません。
また、重篤な有害事象については、まれな頻度ではあるものの、アナフィラキシーが発生したことが報告されています。有害な事象の詳細一覧は次の図をご参照ください。

副反応は?補償制度は?新型コロナワクチンの疑問の画像

画像を拡大する

副反応は?補償制度は?新型コロナワクチンの疑問の画像

画像を拡大する

(日本感染症学会ワクチン委員会 COVID-19ワクチンに関する提言 第1版より)

これまでの臨床試験で安全性の確認は十分できている?

すべてのコラムを読むには m3.com に会員登録(無料)が必要です

薬剤師コラム編集部の画像

薬剤師コラム編集部

「m3.com」薬剤師コラム編集部です。
m3.com薬剤師会員への意識調査まとめや、日本・世界で活躍する薬剤師へのインタビュー、地域医療に取り組む医療機関紹介など、薬剤師の仕事やキャリアに役立つ情報をお届けしています。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

薬剤師のための最新コロナ対策

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

薬剤師ブロガー 調剤報酬改定 医療過誤・ヒヤリハット 管理薬剤師 医療ニュース パーキンソン病 医療クイズ ランキング ebm 感染症対策