• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 疑義照会のコツ(薬剤師向け)
  4. 横柄な医師に対処するには!?  vol.2

疑義照会のコツ(薬剤師向け)

更新日: 2016年9月29日

第2回 横柄な医師に対処するには!?

photo

高圧的な医師に連絡するのが憂うつです。

院内処方せんの疑義照会の際に、医師の気分によって返答が異なり苦労しています。一方的に怒鳴られて終わったこともあります。尋ねる度にご機嫌をうかがわないといけないと思うと憂うつです。
(病院勤務薬剤師)


前回に引き続き、私、株式会社スマイル・ガーデンの村尾が疑義照会時の心構えや気を付けたいポイントについてお答えしていきます。
処方せんを手にして疑義照会の必要を感じるだけで緊張したり憂うつな気分になる方も少なからずいると思います。照会先の医師に対する苦手意識などがあるとなおさらでしょう。なんとかその抵抗感を払拭したいところですね。

医師の性格を見極め、行動をリサーチ。くれぐれも丁寧に

 まず大前提として、疑義照会の際は「お忙しいところ申し訳ございません」のひと言を忘れない、診察や検査など業務の合間をぬって対応してくれることに対して感謝の気持ちを伝えるなど、医師への気遣いができているものとして話を進めます。最初に考えたいのは医師の対応が質問者さん一人に対するものなのか、周囲の全ての医療者に対して同じような態度が見られるのかの見極めです。医師といえども人ですから、体調や気分がすぐれないことも忙しすぎて周囲への気配りが足りないこともゼロではないと思います。誰かれ構わず怒鳴ったり気分により返答を変えたりするのがいつものことであれば、質問者さん個人に問題があるわけではないので、堂々と疑義照会すればいいと思います。そうはいっても、怒鳴られた上にまともな返事すらもらえないと業務に支障が生じます。そんなときは、間を置いて再度チャレンジします。医師も怒鳴った後で言い過ぎたかな?と少し後悔しているかもしれません。「先ほどはお忙しいところ申し訳ありませんでした」と低姿勢で伺いを立て、くれぐれもムッとした態度は出さないように、丁寧な対応を心がけまし…

この記事の続きを読むには

キーワード一覧

疑義照会のコツ(薬剤師向け)

アクセス数ランキング

新着一覧

16万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード

m3.com薬剤師をFacebookでフォローする

m3.com薬剤師をTwitterでフォローする