疾患別・感染症と抗菌薬の選び方

更新日: 2022年5月21日

骨髄炎・関節炎1

疾患別・感染症と抗菌薬の選び方の画像1

今回は、骨の部分への感染症である骨髄炎、関節炎を取り挙げたいと思います。あまり見ない病気と感じる方もおられるかもしれませんが、以外に診断に至っていないこれらの病気はあるのかもしれません。例えば、腰痛を訴える患者さんは本当に腰痛だけ??

骨髄炎・関節炎の総論

骨感染症はおもに骨髄および骨皮質に起こる感染症です。その成立の仕方により血行性と直接性に分類され、さらに経過より急性と慢性に分類されます。(表1)小児では、骨端線が閉鎖していないため、血流感染として長管骨に認めることが多くなります。これに対して、成人では骨端線が閉じているので、血流感染の合併症として椎体炎が発症となることが多くなります。また、大人で問題となるものとして、外傷を伴う骨髄炎、糖尿病や閉塞性動脈硬化症(ASO)に伴う骨髄炎などもあります。
感染治療の前提としては、骨髄炎全般では原則6週間以上の抗菌薬投与が必要となり、経口抗菌薬での治療は経静脈投与による治療に比べて用量が不足するので、推奨されていないことが注意点となります。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

柳瀬 昌樹の画像

柳瀬 昌樹
やなせ まさき

薬剤師。薬科大学を卒業後、現在に至るまで病院勤務を続け、糖尿病、感染症などの専門資格を取得。医師の先生方からの全面的ご協力の下、日々奮闘中。
主な取得資格:糖尿病療養指導士、糖尿病薬物療法認定薬剤師、抗菌化学療法認定薬剤師、日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師、実務実習認定薬剤師
所属学会:日本糖尿病学会、日本くすりと糖尿病学会(認定薬剤師認定委員兼務)、日本化学療法学会、日本病院薬剤師会
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

疾患別・感染症と抗菌薬の選び方

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

薬剤師ブロガー 禁忌 薬物療法・作用機序 疑義照会 医療過誤・ヒヤリハット 業界動向 ライフ・雑学 医療ニュース 医療クイズ ランキング