• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 医療マンガで学ぶ薬剤師の矜持
  4. マンガで学ぶ「薬剤師の職能に誇りを持って働くために」

医療マンガで学ぶ薬剤師の矜持

更新日: 2021年10月7日

薬剤師の職能に誇りを持って働くために -医療マンガで学ぶ第二回-

医療マンガで学ぶ薬剤師の矜持の画像1

2020年に放送されたテレビドラマ「アンサングシンデレラ」は大きな話題を呼びましたが、このドラマは病院薬剤師を主人公にしたマンガが原作です。医師や看護師が主人公のマンガは多くありますが、薬剤師という職種にスポットライトが当たることは珍しいので、皆さんの記憶にも残っているはずです。このマンガを読んで、薬剤師という職業を誇りに感じたり、日々の仕事にやる気が出た方も多いのではないでしょうか。

今回は、麻酔科医をテーマにした「麻酔科医ハナ」を紹介しながら、薬剤師の職能に誇りを持って働き、若手薬剤師を導けるようになるために必要なことを考えます。

医療マンガで学ぶ薬剤師の矜持

©なかお白亜・松本克平/双葉社

■今回のマンガ
タイトル:麻酔科医ハナ
作者:なかお白亜・松本克平
主人公:麻酔科医 華岡ハナ子
出版社:双葉社
連載:2007年〜

外科や救急といったスポットライトを浴びやすい診療科の陰で、手術を受ける患者さんの生命活動を管理する”麻酔科医”を取り上げたマンガ・・・それが「麻酔科医ハナ」です。後期研修医1年目の主人公、華岡ハナ子が麻酔科医という仕事に悩みながらも患者を救い、病院内での人間関係を乗り越えて成長する姿を、シリアスかつコミカルに描いた物語です。

このマンガに出会うまで、麻酔科医という専門医師について私はほとんど知識がありませんでした。同じ医療者として、そして同じく陰ながら患者を支える薬剤師として、こちらの作品には共感できるストーリーがたくさんあるので、今回の記事でその一部をご紹介します。

地味で目立たない仕事にもたくさんの価値がある

主人公の華岡は、毎日飛び込んでくる麻酔のオーダーをなんとかこなしながら成長していきます。その日も明け方4時まで業務をした後、仮眠するための場所を探します。しかし、控室は埋まっており、廊下のストレッチャーも別のスタッフに使われていました。そこでやむを得ず手術着に着替え、手術台の上で仮眠を取ろうとした時に、“手術を迎える患者の気持ち”に気付きます。不安を抱える患者に麻酔科医である自分は何ができるのか、指導医である火浦は“患者さんのために自分では気づかない気遣い”をしている光景を目にしてこのように考えます。

すべてのコラムを読むには m3.com に会員登録(無料)が必要です

小原 一将の画像

小原 一将
こはら かずまさ

薬剤師/株式会社sing代表取締役
2009年京都薬科大学を卒業後、様々な保険薬局で勤務。薬剤師の価値をもっと社会に届けたいと考え、2019年12月に株式会社singを設立。「頼れる薬剤師が身近にある社会をつくる」をビジョンとして、薬剤師の教育や新しい働き方の支援を行っている。
Apple製品好きであり、薬剤師の業務や医療の発展に活用できないか日々考えている。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

医療マンガで学ぶ薬剤師の矜持

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

薬剤師ブロガー 医療書籍 調剤報酬改定 薬物療法・作用機序 服薬指導 医療過誤・ヒヤリハット 医療ニュース パーキンソン病 医療クイズ ランキング