1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 医療マンガで学ぶ薬剤師の矜持
  4. マンガで学ぶ「患者さんの”健康”な未来を考える」

医療マンガで学ぶ薬剤師の矜持

更新日: 2021年11月30日

薬剤師の責務である、患者さんの”健康”な未来を考える-医療マンガで学ぶ第六回-

医療マンガで学ぶ薬剤師の矜持の画像1

2020年に放送されたテレビドラマ「アンサングシンデレラ」は大きな話題を呼びましたが、このドラマは病院薬剤師を主人公にしたマンガが原作です。医師や看護師が主人公のマンガは多くありますが、薬剤師という職種にスポットライトが当たることは珍しいので、皆さんの記憶にも残っているはずです。このマンガを読んで、薬剤師という職業を誇りに感じたり、日々の仕事にやる気が出た方も多いのではないでしょうか。

今回は、”健康”を管理される社会を描いたSF作品である「<harmony/>」を紹介します。進歩する医療や、新型コロナウイルス感染症の広がりなどが影響して、”健康”でありたいという我々の意識は日々高まっています。この作品には、私たち薬剤師が”健康”を管理するということの意味や意義について、改めて考え直す重要な示唆が多く詰まっています。

医療マンガで学ぶ薬剤師の矜持

©FUMI MINATO ©Project Itoh/HARMONY

■今回のマンガ
タイトル:<harmony/> ハーモニー
作者:三巷文 (漫画), 伊藤計劃/Project Itoh (原作)
主人公:螺旋監察官 霧慧 トァン
出版社:KADOKAWA
連載:2015年〜2019年(全4巻)

作家・伊藤計劃の同名小説をもとにした本作品は、<大災禍>によって多くの人が亡くなってしまった後の世界が舞台です。<大災禍>で使用された核兵器によって、がんの発生率が急上昇し、さらにその影響を受けて未知のウイルスが大量発生したことが、その原因です。そこで世界は、「生命至上主義」を唱え、政府ではなく生府による医療福祉社会を作り上げました。この社会では、人々自身が公共のリソースとみなされて、健康であることが義務であるという「空気」が生み出されています。

主人公である霧慧(きりえ)トァンは、生府の危機管理を行うWHO螺旋監察事務局の上級監察官として紛争地帯などで業務を行っています。トァンは、高校生の頃に出会った同級生ミァハの影響によって、今の社会に疑念を持っていました。さらに、友人のキアンが大量自死事件で犠牲になったことで、社会の危うさに気付き始めます…

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

小原 一将の画像

小原 一将
こはら かずまさ

薬剤師/株式会社sing代表取締役
2009年京都薬科大学を卒業後、様々な保険薬局で勤務。薬剤師の価値をもっと社会に届けたいと考え、2019年12月に株式会社singを設立。「頼れる薬剤師が身近にある社会をつくる」をビジョンとして、薬剤師の教育や新しい働き方の支援を行っている。
Apple製品好きであり、薬剤師の業務や医療の発展に活用できないか日々考えている。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

医療マンガで学ぶ薬剤師の矜持

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

薬剤師ブロガー 疑義照会 医療過誤・ヒヤリハット 医療ニュース 医療クイズ ランキング 失敗列伝 ebm 感染症対策 薬剤師あるある