• 薬剤師
  • コラムが読める

薬剤師mokaの漫画エッセイ

更新日: 2021年4月2日

外国の方への服薬指導

調剤薬局で英語を使う機会は少ないかもしれませんが、過去に数回海外の人とやり取りしたことがあります。
まずは、OTCの目薬を買いに来た、恐らく観光客の方。
スマホに欲しい目薬のスクリーンショットを表示してくれたのですが、残念ながらその目薬の在庫が無く、他の目薬を購入していただきました。。
「コンタクトレンズ着用中でも使えますよ」と何とか英語で伝えたのを覚えています。
次は、ずっと継続して飲んでいるであろうお薬をもらいにきた、新患さん。
英語の問診票をお渡ししたのですが、筆記体で書かれており、薬の名前を読み取るのがやっとでした。
他にも、日本語が全くできない患者さんが、日本語のできるお友達を連れて来局されることもありました。
日本語である程度のやりとりはできるのですが、疾患名や医療系の用語は通じないこともあるので、英語でも言えるようにしておいた方がやり取りがスムーズになると感じました。

吸入薬の服薬指導も難しいんですの画像(1)

すべてのコラムを読むには m3.com に会員登録(無料)が必要です

mokaの画像

moka
もか

新卒で企業に就職後、海外留学を経て薬局薬剤師に。
薬学×イラスト薬剤師として、薬局での日々を漫画にしたり、作用機序や日頃の服薬指導での疑問点をイラストにまとめてInstagramやブログに投稿中。
ブログ:https://moka-pharmacy.com
インスタグラム:@moka_pharmacy
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

薬剤師mokaの漫画エッセイ

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

薬剤師あるある 薬剤師ブロガー 糖尿病 調剤報酬改定 薬物療法・作用機序 服薬指導 疑義照会 ハイリスク薬 医療過誤・ヒヤリハット 医療ニュース