• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬ゼミ徹底分析!薬剤師国家試験
  4. 「基礎系」「医療系」の壁を越えて知識を繋げる

薬ゼミ徹底分析!薬剤師国家試験

更新日: 2020年11月15日

基礎系が苦手、医療系が得意?!そもそも科目の壁ってないんじゃない??

薬ゼミ徹底分析!薬剤師国家試験の画像

医療系はできるけど、基礎系が苦手で…。そんな言葉をよく聞きますが、実際の薬剤師国家試験(国試)の問題では、「基礎系」「医療系」といった科目の境目はなくなりつつあります。基礎科目とは、『全ての科目の基礎となる科目』なのです。
国試合格に向け、最初は科目ごと、範囲ごとに分けてしっかり内容を理解することが必要ですが、最終的には、科目の壁を越えて知識を繋げることが大切なのです。
皆さんは臨床現場で、しっかり知識を繋げて活用できていますか?さぁ、実際の国試の問題を見てみましょう。

問1(化学) 正答率※:38%

図は、アセチルコリンエステラーゼ(AChE)によってアセチルコリンが加水分解される際の初期段階の反応機構と2種類のAChE阻害剤A、Bの構造を示したものである。以下の記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

薬ゼミ徹底分析!薬剤師国家試験の画像
  • グルタミン酸-ヒスチジンの相互作用により、ヒスチジンのイミダゾリル基の塩基性が高くなる。
  • グルタミン酸-ヒスチジン-セリンの三つのアミノ酸残基間の相互作用によって、セリンのヒドロキシ基の求電子性が高くなる。
  • アセチルコリンはトリプトファンとイオン結合している。
  • AChE阻害剤Aはセリンのヒドロキシ基を不可逆的にアミド化する。
  • AChE阻害剤Bはセリンのヒドロキシ基を不可逆的にリン酸化する。

コメント

第105回国試の問106として出題された化学の問題。アセチルコリンエステラーゼ(AChE)によるアセチルコリンの加水分解に関する問題であり、アミノ酸の構造など生物の知識が不可欠となります。また、その相互作用では物理の知識が、AChE阻害剤との反応では、衛生や薬理の知識が必要です。
このように、1つの科目の知識のみでは解答出来ない問題が増えています。
薬学生には、基礎科目は『全ての科目の基礎となる科目』ということを理解して学修して欲しいと思いますので、実務実習生にも科目の知識を繋げて考える大切さを教えてあげてください。

解答・解説

すべてのコラムを読むにはm3.comに会員登録(無料)が必要です

原田 真理の画像

原田 真理
はらだ まり

学校法人 医学アカデミー 薬学ゼミナール オンライン教室、講師(化学)、薬剤師。日本大学卒業。

QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

薬ゼミ徹底分析!薬剤師国家試験

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

19万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード