• 薬剤師
  • コラムが読める

薬ゼミ講師が選ぶ「最新国試、これ解けますか?」

更新日: 2019年8月30日

第104回の傾向② 超難問にチャレンジ

前回は、第104回国試の「科目をまたいだ出題」として理論問題の「薬理と治療の連問」を見ていただきましたが、今回は、受験生の正答率※が10%を下回った超難問にチャレンジしてみてください。
薬学ゼミナールの調査では、化学の医薬品の開発からの出題、病態生理・薬物治療の症候(腹痛)について問う出題などが正答率10%以下でした。特に症候についての問題は臨床薬剤師の方々のほうが日常業務で修得する知識として解答が導けるかも知れません。

問1【正答率※:9.6%】
コカインの化学構造をもとに創出された局所麻酔薬はどれか。1つ選べ。
問題 問題
問2【正答率※:6.0%】
腹痛に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。
  1. 腹痛は、神経痛と体性痛の2つに分類される。
  2. 腹膜刺激によって起こる痛みは、体性痛である。
  3. 腹部全体に痛みがある腸重積症は、急性腹症である。
  4. 右下腹部痛及び発熱があると、胃食道逆流症が疑われる。
  5. 左側腹部痛、発熱、黄疸があると、胆嚢炎が疑われる。
【解答・解説】はこちら

この記事の続きを読むには

キーワード一覧

薬ゼミ講師が選ぶ「最新国試、これ解けますか?」

アクセス数ランキング

新着一覧

16万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード

m3.com薬剤師をFacebookでフォローする

m3.com薬剤師をTwitterでフォローする