• 薬剤師
  • コラムが読める

薬ゼミ講師が選ぶ「最新国試、これ解けますか?」

更新日: 2019年9月26日

新出題基準から初めての出題

 現役薬剤師の皆さんは、薬学部のカリキュラムの変化をどこまでご存知ですか?これまでの特集の中でも、国試で「薬理」と「病態・薬物治療」が連問で出題されたことはお伝えしていましたが、他の部分にも変化はあるんです。
 2015年(H27年)入学生より適応されている薬学教育モデル・コアカリキュラム改訂(改訂コアカリ)に基づき、2021年(R3年)国家試験(106回)から適用される薬剤師国家試験出題基準(新出題基準)が、2017年(H28年)に公表されています。新出題基準は、適用される時期を考えるとかなり早い段階で公表されていますが、既に最新国試(104回)においても、今後の新出題基準を意識した内容が、複数出題されているんです。
 その中で今回紹介する内容は、新出題基準に追加された【以下の皮膚細菌感染症について、病態・薬物治療の概要を説明できる:伝染性膿痂疹、蜂窩織炎】と【生命倫理の諸原則(自律尊重、無危害、善行、正義等)について説明できる】という項目からの出題です。皮膚細菌感染症は、実症例でも目にすることの多い疾患について、具体的に出題基準に明記されたものです。また、生命倫理の諸原則は生命倫理の分野では、必ず学ぶといって良いほどの内容ですが、薬学のカリキュラムの中で取り上げられることは少なかった部分です。これを機に学び直してみませんか。

問1【正答率※:76%】
細菌感染が原因となる皮膚疾患はどれか。1つ選べ。
  1. 蜂窩織炎
  2. アトピー性皮膚炎
  3. 尋常性乾癬
  4. 帯状疱疹
  5. じん麻疹
問2【正答率※:68%】
生命倫理の四原則に含まれないのはどれか。1つ選べ。
  1. 善行原則
  2. 正義原則
  3. 自律尊重原則
  4. 優生原則
  5. 無危害原則
【解答・解説】はこちら

この記事の続きを読むには

キーワード一覧

薬ゼミ講師が選ぶ「最新国試、これ解けますか?」

アクセス数ランキング

新着一覧

16万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード

m3.com薬剤師をFacebookでフォローする

m3.com薬剤師をTwitterでフォローする