• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. Dr.竜平の服薬コンプライアンス
  4. 服薬コンプライアンス|医師との付き合い方|内科医が体験した服薬の課題

Dr.竜平の服薬コンプライアンス

更新日: 2020年1月5日

薬剤師が医師とうまく付き合う方法〜医師は変わり者が多い?

高齢化が進むにつれて、服薬コンプライアンス不良な患者が急激に増加しています。理由としては本人の病識の無さや認知機能の問題、家族の理解などが挙げられます。
私は内科医として、そういった背景を考慮しつつ、薬剤師と相談し、いかにして内服していただくか、処方を調整することがあります。また一包化や服薬カレンダーを用いて内服忘れや過剰内服を防ぐ指導もしています。
本シリーズでは、クリニックの副院長として働く内科医の私が、日々、診療の現場で考える「服薬コンプライアンスの課題」と、薬剤師に期待することをお伝えします。


昨今、服薬コンプライアンスの実現とともに服薬アドヒアランスの向上にも注目が集まっています。アドヒアランスの向上には、患者さんの信頼を得るために、医療者側の連携体制が大切です。前回は「チーム医療の情報共有は申し送りノート」についてでしたが、今回は、個人的に大事だと考える、「医師との関わり方」について、体験談をもとに、紹介します。普段から医師と接する機会の多い薬剤師にもぜひ知っていただきたいと思います。

医師が考察する「医師は変わっている人が多い」理由

医師とうまく付き合うことは業務上、大事な話だと個人的に思います。薬剤師を含む医療関係者から医師への苦情は、よく耳にします。先日参加したとある講演会では「医師は変な人が多く、扱いにくい人ばかり」と発言された演者がいました。おそらく読者のみなさまもなんとなくこのように感じたことがあるのではないでしょうか?「医師は変わっていて関わりにくい」…私自身も個人的に同じように思いますし、医師は程度の差はあれ変わった人が多いように感じます。

(1)競争に勝ち抜いたものが医師となる

これは医師を取り巻く環境が影響していると思います。日本の場合、熾烈な大学受験での競争を勝ち抜いて医学部に入学します。この時点では“偏差値”という尺度で医学部生は勝ち組になります。その後、進級のため地獄のような試験に勝ち続けて医師国家試験の合格を掴み取ります。つまり、ひたすら競争に身を置き勝ち抜いたものだけが医師になります。この時点でかなりプライドが高い人が増えていると思います。

(2)初期研修でプライドが砕かれる

こうして築かれたプライドは、初期研修医になって崩れ去ります。医学部では学問的な知識は付きますが、臨床は実践の現場で身につくものです。医師となり病院に勤務して初めて“リアルな臨床”に対峙するわけです。よほど優しい先輩や上司がいれば手厚いサポートがあるかもしれませんが、多くの場合は十分なサポートが無くすぐに患者さんを割り当てられます。
そして看護師からは速射砲のようにいろいろなお願いが降ってきます。その処理がとどこおれば、研修医だろうと容赦ない言葉をいわれます。この時点で学生時代に作られたプライドは粉々です。

(3)仕事になれ、ちやほやされて自信を取り戻す

この記事の続きを読むには

QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

Dr.竜平の服薬コンプライアンス

アクセス数ランキング

新着一覧

16万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード

m3.com薬剤師をFacebookでフォローする

m3.com薬剤師をTwitterでフォローする