• 薬剤師
  • コラムが読める

1分で読める!診療報酬改定ニュース

更新日: 2020年1月31日

かかりつけ薬剤師 調査報告書

 少子高齢化が進む日本の医療の基盤再編のため、地域包括ケアシステムを根底に厚生労働省が掲げた「患者のための薬局ビジョン」。この方針にのっとって、2年に一度の診療報酬改定が行われています。薬剤師業務の見直し、評価制度の検討、薬局経営の変化など、日々改定に関するニュースを気にしている薬剤師も多いと思います。今後、薬局や薬剤師のあり方はどう変わっていくのか。今年の報酬改定の最新動向についてまとめました。

みずほ情報総研が公表した「かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書」によると、薬剤師と他職種との情報共有の重要性が強調されています。こちらの調査は「患者のための薬局ビジョン」の実現に向け、かかりつけ薬剤師の現状を把握するための評価指標(KPI)に基づき行われたものです。

「かかりつけ薬剤師」制度によって、薬剤師は薬局での服薬指導だけでなく、患者の自宅や施設に訪問して服薬指導を行うなど業務範囲が拡大しています。
この調査結果では、「薬剤師同士は上手くコミュニケーションができるが、患者や医師と接する場合には、適切な説明や情報提供ができないのでは」との意見がありました。…

この記事の続きを読むには

QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

1分で読める!診療報酬改定ニュース

アクセス数ランキング

新着一覧