服薬指導にも生かせる「中医学から見る疾患」

更新日: 2022年11月28日

「めまい」中医学からみるとどうなるの?

メインの画像1

普段の生活でよく起こるめまいには、いろいろなタイプがあります。女性のほうが男性よりも起こりやすいと言われることをご存じかの方も多いかと思います。これは、めまいを引き起こす原因が関係していると考えられます。

具体的に中医学的にどのような症状がどのような原因から引き起こされるかを見ていく前に、まずは簡単に西洋医学の観点からめまいのタイプを見ていきたいと思います。

西洋医学から見た「めまい」

まず、よく言われるのがぐるぐる回るような「回転性のめまい」です。これは、よく体位を変えたときなどにぐるぐると天井が回ったり、目が回ったりするような「めまい」になります。発症の原因は、体の平衡を保つための機能が何らかの原因によりうまく作動できていないことによると考えられています。皆さんご存じのように、回転性のめまいは耳の異常からくるものと脳の異常からくるもの、大きく2つに分かれると言われています。

ほかには、体がふわふわ浮いているような感覚からくるめまい。浮動性、動揺性のめまいと言われていますが、これは脳の血管に障害があることなどから起こることが多いとされています。また、このタイプの原因として考えられるのは高血圧やうつ病などがあります。

最後に、血圧の変化によるめまい。立ちくらみなどがこれに当たりますが、急に目の前が真っ暗になったり、頭から血の気が引いたりするような感覚がその特徴です。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

河本 ちかこの画像

河本 ちかこ
かわもと ちかこ

薬科大学を卒業後外資系企業にてMR、新製品企画部にて勤務。その後、企業の経営を学ぶべく大学院でMBAを取得する。MBA取得後は医薬品業界の市場分析などを執筆する傍ら薬膳アドバイザー、食育インストラクターなどの資格を取得。健康な体は日々の食事からをモットーに、現在は薬局薬剤師として勤務しながら中医学の見識を深めるために中国人医師のもとで勉学にいそしんでいる。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

服薬指導にも生かせる「中医学から見る疾患」

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

医薬品情報・DI 調剤 服薬指導 医療過誤・ヒヤリハット 漢方 医療クイズ 疾患・病態 ebm 感染症対策 薬剤師あるある