• 薬剤師
  • コラムが読める

杉山医師の「薬剤師に伝えたい医師のトリセツ」

更新日: 2020年7月10日

医師から見た「薬剤師」のイメージ

医師から見た「薬剤師」のイメージの画像1

日頃からお世話になっている薬剤師の皆さんに送る「医師のトリセツ」。初回は「厄介な医師とのコミュニケーション術」、第2・3回は、「ポリファーマシー」についてご紹介しました。集約すれば、薬剤師の皆さんに「医師」についてご紹介するのが目的でした。
そこで今回からは一転、医師から見た「薬剤師」という視点でお話ししたいと思います。あくまで私の「個人的見解」ですが、次回以降の話の展開として非常に重要なマイルストーンになるため敢えて書かせていただくことにしました。まずは私の体験した3つのエピソードをもとに「薬剤師の傾向」についてお話ししたいと思います。

医師から見た「薬剤師」のイメージの画像2

3つのEpisode

Episode 1:介護保険主治医意見書の「訪問薬剤指導」

2000年に始まった介護保険制度は、増大する医療費抑制のために、区別があいまいだった医療費と介護関連費用を明確に区別した政策でした。国は「介護保険料」という新たな財源を確保し、医療の付帯サービスだった「介護」に価格を設定することで、「介護関連事業」という新たな産業を生み、この20年間で一定の成果をもたらしました。

われわれ医師は、この介護保険制度が始まったことで、担当患者さんからの申請に基づいて「主治医意見書」を書くことになりました。制度開始以来、何百枚もの主治医意見書を書いてきた2010年頃だったでしょうか、地域の医療連携関連の会合でお会いした薬剤師の方からご質問をいただきました。「先生は、主治医意見書の『訪問薬剤管理指導』の欄をチェックしていらっしゃいますか?」と。恥ずかしながら私は何のことかわからず、「そんな項目、ありました?」と返すと、その方は得意気に、でもすぐに神妙な面持ちになって話してくださいました。「主治医意見書の訪問薬剤管理指導の欄に、医師がチェックをつけていないと、薬剤師は、患者宅に行って訪問薬剤管理指導をすることができないのです」、と。老年病科の医師として、高齢者の服薬管理に注意を払っていた「つもり」の私としては、10年に渡って、薬剤師が患者さんの服薬指導をするチャンスを奪っていたことに強い罪悪感を覚えました。以後、私は欠かさずに「訪問薬剤管理指導」の欄にチェックを入れることにしています。ここをチェックすれば、薬剤師が「訪問薬剤管理指導」を行って、患者さんのためにさらに実力を発揮してくれるだろうと信じて。

皆さんは、主治医意見書にある「訪問薬剤管理指導」のチェック項目をご存知でしたか?私が勉強不足だったと反省したものでしたが、この「訪問薬剤管理指導」について指摘してくれた薬剤師さんは、先程ご紹介した方、お一人だけでした。

Episode 2:持参薬の確認

他院から転院する患者さんは、必ずと言っていいほど数日分の持参薬をお持ちになります。 これまで私の勤務した病院では、転院患者さんは、まず受付や手続きをし、持参薬とともに入院病棟に向かいます。担当看護師による、説明や着替え、昼食の準備などの後、薬剤部に「持参薬確認依頼」と患者さんの持参薬が届き、「持参薬の確認」を行います。同じ日に複数の入院患者さんがいる場合は薬剤部の確認業務も多くなり、入院当日の夕食前、ときには翌日の夕方にようやく「持参薬の確認」が終わるという場合もありました。しかし、これでは患者さんは薬剤部が未確認の持参薬を服用することになり、適切な薬物治療を提供できません。
そこで、持参薬確認フローを見直すため薬剤部と何度も協議したのですが、薬剤部からは「患者さんから薬剤を直接受け取ることや、持参薬の内容を薬剤師が入力した処方内容が間違っていた場合に、『薬剤部としては責任をとれない』」と主張されたのです。
私はこの「薬剤部としては責任をとれない」という言葉に大きな違和感を覚えました。入力作業は誰がやっても一定の確率で間違うもの。そうであれば「薬剤部以外の人間が間違うのであれば、別にいい(われわれには関係がない)」、というメッセージに思えました。この言葉には、会議に出席していた他部署のスタッフも大ブーイング。そこで折衷案として、薬剤部が入力した内容を、最終的に医師が「承認」するという流れにすることで、薬剤部も納得。こうしてプロセスを見直したことで、転院直後に薬剤部が転院患者さんの薬剤を直接受け取り、持参薬の確認作業を開始。午前の転院患者さんの場合には転院当日の昼前には確認が終了するようになりました。 …

SNSなどの外部サービスアカウントでログインされた方にコラム新着記事をお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

杉山 陽一の画像

杉山 陽一

永生病院 リハビリテーション科勤務
杏林大学医学部卒、専門は老年病科
国立職業リハビリテーションセンター 医療情報助言者
杏林大学医学部同窓会理事
m3.com 「専門外だからできる医師のキャリア形成」連載(完)
m3.com SNSニュース情報局コメンテーター
メディカ出版「リハビリナース」・「サイエンス 化粧ケア」監修
CBキャリア「無形資産形成論」連載
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

杉山医師の「薬剤師に伝えたい医師のトリセツ」

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

19万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

薬剤師コラムを読む

SNSなどの外部サービスアカウントでログインしていただくと、「薬剤師コラム(一部除く)」をお読みいただけます。

SNSアカウントでログインされた方にコラム新着記事をお届けします。メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード