薬歴ビフォーアフター~薬歴の悩み、解決します~

更新日: 2023年11月6日 岡村 祐聡

未整理の薬歴を根本的に改善するには? 

薬歴ビフォーアフターの画像1
お悩み

前回薬歴を送ってくださった薬剤師さんが、その続きの薬歴をまた送ってくださいました。「これでどうですか?」ということなのですが、残念ながら根本的な改善はされていないように見受けられます。前回は「その心意気や良し」ということであまり突っ込みませんでしたが、今回は少し突っ込んでコメントしてみましょう。

(症例)
91歳の女性。動きは穏やかだが、意識はハッキリしており、薬の管理はご主人に手伝ってもらいながら、大体ご自身で行っている


〈処方薬〉
Rp. シタグリプチン25mg    1錠
  アムロジンOD錠 2.5mg   1錠
  フェロクラデュメット錠105mg 1錠
       分1 朝食後  14日分
Rp. マグミット錠330mg     2錠
  アミティーザ錠      2錠
       分2 朝夕食後 14日分
Rp.エスゾピクロン錠 1mg   1錠
       分1 寝る前  14日分

薬歴ビフォーアフターの画像

薬歴Before

S) ご主人とともに来局。いつものお薬です。下剤の方も自己調節していて便秘の方も気にならなくなっています。鉄剤の方は処方医とも相談して3日か4日に1回は服用しているようにしています。食事の方も大根を炒めたものや、野菜、イモ類を食べさせています。
O) 不眠、便秘も落ち着いている
A) このままの量を今後も継続になるのではないか?便秘も気になったらマグミットを増量し、Max2g/dayまで今後増量する可能性あり。
P) 貧血に関してはDrとの相談のもと3日~4日に1回の服用で良いならそれで構いません。
便秘に関しては本人にも説明はしましたが、マグミットを増量するなどまだ、うつ手はありますが、転倒して寝たきりになると手をうつことも難しくなるので、便秘と貧血、睡眠薬の転倒リスクを考えると転倒リスクの方が高いです。
薬歴ビフォーアフターの画像

薬剤師としてのアセスメントはどこに?

前回も指摘しましたが、ご自身が薬剤師としての医療に誇りをもって、「薬剤師の医療行為を記録する」と信念をもって薬歴を書かれていることは、とても素晴らしいと思います。これからもぜひ志を曲げずに頑張っていただきたいと思います。

ただ、残念ながら、SOAPを見るかぎり、「薬剤師の医療」を彷彿とさせるような明確な意志によるアセスメントは見当たらないようですね。

これでは会社から「もっと簡潔に記載せよ」と言われても、それに対抗し、胸を張って薬歴を出すわけには行かないと思います。まずは「気分」だけで勉強した気になるのではなく、本気になって、「薬剤師の医療は何だろう」「薬剤師のアセスメントは何だろう」と頭をひねってください。

「このままの量を今後も継続になるのではないか?」も「便秘も気になったらマグミットを増量し、Max2g/dayまで今後増量する可能性あり」も、ただ思いついただけのことで、薬剤師としての医療の神髄が表現されたアセスメントには読めません。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

岡村 祐聡の画像

岡村 祐聡
おかむら まさとし

有限会社服薬ケア研究所所長。明治薬科大学薬学部薬剤学科卒業。
都内調剤薬局や調剤薬局チェーンの教育担当管理職を経て、1997年に『服薬ケア研究所』を設立。
「服薬ケア」理論を各地で提唱し続け、全国各地で開催される研修会や服薬セミナーなどでも精力的な活動を行っている。 2002年には、服薬ケアを学ぶ全国の有志で設立された「服薬ケア研究会」から要請を受け、会頭に就任。最新著書は「10日間で極意をつかむ選ばれるかかりつけ薬剤師になる 患者応対技術と服薬ケアコミュニケーション」(診断と治療社)。書籍の詳細は服薬ケア研究所のホームページを参照。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

薬歴ビフォーアフター~薬歴の悩み、解決します~

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

コミュニケーション 医薬品情報・DI 調剤報酬改定 do処方 薬物療法・作用機序 服薬指導 ハイリスク薬 プロブレム 医療クイズ 疾患・病態