• 薬剤師
  • コラムが読める

在宅医療における薬剤師の役割

更新日: 2016年12月15日

第5回 患者さんとの関係性の築き方

 在宅医療における薬剤師の関わり方を考える連載企画の第5回。今回も在宅専門の薬局・フロンティアファーマシーの前田桂吾氏が在宅医療の問題点を浮き彫りにします。テーマは「患者さんとの関係性の築き方」です。

目の前の患者さんの生活を支える視点を持つ

 突然ですが、皆さんには信頼できる主治医の先生はいらっしゃいますか?もしいらっしゃるのであれば、その医師を信頼しているのはどういった理由でしょうか?
 第1回で書いた通り、私は10歳で潰瘍性大腸炎を発病し、その後入院するたびに主治医が変わっていたため、今までたくさんの先生方に面倒を見ていただきました。発病して3年後に手術をしてからは、20年以上同じ先生に診ていただいています。受診の際はその先生に、病気の事をそっちのけで、大学の受験も、就職も、就職してからの悩みも、結婚も、子供の事も全部話してきました。結婚披露宴にも来ていただきました。それだけ先生のことを信頼しているのです。
 今でも年に2回くらいは定期通院をしているのですが、受診の際には故郷に帰るような、なんだか温かい気分になります。それはなぜか?
 先生は、いつも笑顔で、病気というよりも、私の生活を支える視点でさまざまな話を聞いてくださいます。私が苦しい胸の内を話せば、一緒になって辛そうに話を聞いてくれたり、うれしい話をすれば一緒になって喜んでくれます。私はこの主治医の先生に、自分の人生を丸ごと支えていただいているような気持ちを抱いています。これがまさに「かかりつけ」なのではないかと思います。
 また主治医の先生以外にも、入院中に病棟の他の先生方や看護師さんの大半が、一生懸命僕の心配をし、支えてくださっていた気がします。つまり私のことに興味を持ち、心配をし、向き合ってくださっていた気がするのです。
 そのような経験から、私は自分が病気だったときの気持ちを忘れないように患者さんに接し「目の前の患者さんの生活を支える視点」を大事にしています。また、、自…

SNSなどの外部サービスアカウントでログインされた方にコラム新着記事をお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

前田 桂吾の画像

前田 桂吾
まえだ けいご

株式会社フロンティアファーマシー 薬剤師 執行役員 社長室室長
北里大学薬学部薬学科卒業。中規模の病院に12年間勤め、調剤、製剤、緩和ケア病棟を含む病棟業務に携わる。その後、フロンティアファーマシーに転職。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

在宅医療における薬剤師の役割

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

19万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

薬剤師コラムを読む

SNSなどの外部サービスアカウントでログインしていただくと、「薬剤師コラム(一部除く)」をお読みいただけます。

SNSアカウントでログインされた方にコラム新着記事をお届けします。メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード