• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師コラムランキング一覧

ランキング一覧

  1. 1
    鎮痛薬3種類について|服薬指導に役立つノート!
    薬局で働き始めて、よく処方されるなと感じる3種類の鎮痛薬について、ノートにまとめてみました。
  2. 2
    Q.飲酒に影響する可能性の薬は?
    薬剤師に必要な医療知識をクイズで出題。併用禁忌のクイズや副作用のクイズ、服用方法など薬剤師には覚えておきたい薬剤クイズを学習・復習していきましょう。薬剤師が知っておきたい今回の問題は、「飲酒に影響する可能性の薬は?」です
  3. 3
    スポーツのケガの薬歴の書き方は?
    今回はスポーツにおけるケガのケアについて、「服薬ケア研究所所長 岡村祐聡氏」がアドバイスします。
  4. 4
    【治療薬の選び方】アトピー性皮膚炎
    最新の医療情報を現場の薬剤師へ伝える専門メディア・ファーマスタイルより3月号の特集記事をご紹介します。外用薬や新規の経口薬の開発により、治療選択肢が増えているアトピー性皮膚炎。薬剤の作用機序、安全性、他との併用など正しく理解を深めていきましょう。
  5. 5
    飲めない、飲みにくいと相談があった薬の渡し方
    「薬を飲むのが苦手という患者さんには、どのような服薬指導をすると、不満や不安を取り除けますか?」との相談に、村尾先生がアドバイスします。
  6. 6
    病院内調査と捜査内容
    薬剤師コラム編集部が皆さまにおすすめしたいニュース記事3つをピックアップ! おすすめポイントと一緒にお届けいたします。
  7. 7
    患者の質問に困らないよう、Apple Watchの機能を知る
    Apple Watchで心拍数を計測できるようになりました。医師の診断に代替されるものではありませんが、データを良く理解して有効に活用しましょう。
  8. 8
    Q.最も多い小児の食物アレルギーは?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「最も多い小児の食物アレルギーは?」
  9. 9
    「錠剤」の工夫で実現した様々な問題解決
    普段から何気なく扱っているその剤型にも、実は意外な歴史、意外な開発の経緯があります。第3回のテーマは「錠剤」です。
  10. 10
    薬剤師が知っておくべきApple Watchの機能
    2020年9月に、Apple Watchに搭載されるソフトウェアがクラスⅡの医療機器として承認を受けました。心房細動を検出できる可能性があるApple Watchの機能について解説します。
  11. 11
    庭先で目にする、口内炎や鼻出血の生薬になる植物は?
    日常で手軽に手に入る意外な生薬にスポットを当て、クイズ形式でご紹介する新シリーズ。今回は「口内炎、鼻出血などに使われる、身近な植物」についてです。
  12. 12
    疑義照会で医師から薬剤師へ伝えたいこと
    疑義照会をする薬剤師に向けたメッセージ、アドバイスを100人の医師に聞いてみました。
  13. 13
    Q.レボチロキシンのより効果的な服用タイミングは?
    薬剤師に必要な医療知識をクイズで出題。薬剤師が知っておきたい今回の問題は、「レボチロキシンのより効果的な服用タイミングは?」です
  14. 14
    「酒は百薬の長」はうそだった!?
    薬剤師が楽しめて仕事にも役立つ、そんな本を紹介するドクター・ホンタナの書籍紹介。今回のテーマは「アルコール依存症」です。
  15. 15
    バイアグラで心疾患男性の寿命が延びる?|注目の臨床ニュース
    薬剤師必見!4/5~4/12の新着臨床ダイジェストニュースの中から、薬剤師ブロガーキクオが注目したニュースを1位~5位までランキング!1位のニュースと注目した理由とは?
  16. 16
    Q.アスピリン喘息の時に使用できるステロイドはどれ?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「アスピリン喘息の時に使用できるステロイドはどれ?」
  17. 17
    【薬剤師の働き方】調剤薬局勤務とオーガニックカフェ経営
    最新の医療情報を現場の薬剤師へ伝える専門メディア・ファーマスタイルより3月号の特集記事をご紹介します。食の観点から健康をサポートしている薬局薬剤師兼カフェーオーナーのかおりんさんのインタビュー記事です。
  18. 18
    糖尿病治療薬の特徴と副作用-よく使用される薬・新しく発売された薬
    「薬剤師のための糖尿病治療の豆知識」第1回は、新しく発売された2剤について紹介します。よく使用される薬だけに、その特徴や落とし穴のような情報をしっかり把握しておくことが大切です。
  19. 19
    ときに、話を聞くだけでも立派な医療となる
    今回は、『毎回処方せんとは関係のないがん治療の話ばかりになり、何も指導できません。どうしたらよいでしょう?』との悩みに、「服薬ケア研究所所長 岡村祐聡氏」がアドバイスします。
  20. 20
    「代謝阻害」についての正しい知識
    今回のテーマは薬物代謝酵素「CYP3A4」にまつわる相互作用です。代謝阻害というと「消失が遅れる」イメージが強いですが、最高血中濃度の上昇も起こり得るので注意が必要です。

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード