• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師コラムランキング一覧

ランキング一覧

  1. 1
    小児科の処方は大変!
    「薬剤師mokaの漫画エッセイ」第18回は、小児科の処方についてのお話です。小児科の処方は、用量、調剤、服薬指導など気をつかうことが多いようです。
  2. 2
    Q.妊婦にも使用できる抗不整脈薬はどれか。
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「犯罪防止のためフルニトラゼパムに施されている工夫は?」
  3. 3
    小児の急性鼻副鼻腔炎の薬物治療
    子供の病気というイメージをもつ人は少ないかもしれませんが、意外と小児の疾患件数が多い「急性鼻副鼻腔炎」。重症度分類を行った上で、易感染・耐性菌のリスクについても気をつけましょう。
  4. 4
    Q.蜂蜜を安全に食べられるのは何歳から?
    薬剤師に必要な医療知識をクイズで出題。併用禁忌や副作用、服用方法など薬剤師には覚えておきたい薬剤クイズを学習・復習していきましょう。薬剤師が知っておきたい今回の問題は、「蜂蜜を安全に食べられるのは何歳から?」です
  5. 5
    Q.乳がん治療薬タモキシフェンとの併用に注意すべき薬剤は?
    医療&薬剤の発展は日進月歩。今日もクイズで重要な医療知識を復習しましょう。
  6. 6
    日病薬病院薬学認定薬剤師 超丁寧解説!
    日病薬病院薬学認定薬剤師とは?資格の概要、認定団体、取得メリット、役割、試験や論文・学会発表の有無といった取得方法や取得にかかる費用、更新情報、難易度までわかりやすく解説します。
  7. 7
    新型コロナ、英国株でも症状は変わらず|注目の臨床ニュース
    薬剤師必見!4/26~5/3の新着臨床ダイジェストニュースの中から、薬剤師ブロガーキクオが注目したニュースを1位~5位までランキング!1位のニュースと注目した理由とは?
  8. 8
    Q.小児の中枢毒性に注意すべき抗菌薬は?
    小児の中枢毒性に注意すべき抗菌薬はどれか、クイズを解いて復習しましょう。
  9. 9
    Q.コミナティの2回目接種時の発熱発生頻度は?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「コミナティの2回目接種時の発熱発生頻度は?」
  10. 10
    重複投与・相互作用等防止加算を算定できる条件は?
    「重複投薬・相互作用等防止加算」には、残薬調整と残薬調整以外があります。それぞれどういった状況で使い分けるのかを考えてみましょう。ポイントは、「処方変更の有無」と「薬学的観点に基づくものかどうか」です。
  11. 11
    薬歴の常套句「様子を見る」は、もう止めませんか?
    今回は、『患者さんの症状はよくなってきているとは思いますが、薬を変えるほどではありません。ずっと同じような薬歴を書いていて問題はないのでしょうか?』との悩みに、「服薬ケア研究所所長 岡村祐聡氏」がアドバイスします。
  12. 12
    2021年4月施行の調剤感染症対策実施加算とは
    2021年4月から算定できるようになった「調剤感染症対策実施加算」。しかし、その加算についての情報は豊富でなく、存在自体を知らない薬剤師も少なくありません。算定要件やその注意点について解説します。
  13. 13
    「一般用医薬品等の購入履歴」ヒヤリ・ハット事例
    一般用医薬品等の購入頻度を確認することで、患者さんに受診を促すこともあります。購入者ごとに販売履歴を管理する必要性について、ヒヤリ・ハット事例から薬剤師の対応を一緒に確認してみましょう。
  14. 14
    「心不全パンデミック」に備える薬剤師の服薬管理
    最新の医療情報を現場の薬剤師へ伝える専門メディア・ファーマスタイルより4月号の特集記事をご紹介します。高齢者増加に伴う「心不全治療と新規薬剤について」正しく理解を深めていきましょう。
  15. 15
    印象に残る「患者さんからの投書」は?
    薬局業務の改善をする上で患者さんの声を真摯に受け止めることは大切ですが、普段は知ることができない隣の薬局事情。そこで実際に寄せられた「患者さんからの投書内容」について、m3.com薬剤師会員へアンケートを実施しました。
  16. 16
    Q.プラスチック容器への小分けに適さない液剤は?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「プラスチック容器への小分けに適さない液剤は?」
  17. 17
    Q.抗がん剤による悪心嘔吐に対して使える抗精神病薬は?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「抗がん剤による悪心嘔吐に対して使える抗精神病薬は?」
  18. 18
    新型コロナワクチン、副反応が怖い患者への対応
    mRNAワクチンの副反応を心配する声は少なくありません。今後、一般への接種が進むとSNSなどでも様々な“体験談”が拡散されることになりますが、予想できる体調不良は正確に伝え、備えておくことが大切です。
  19. 19
    保険の種類と申請手続き・変更調剤を復習しよう
    薬剤師コラム編集部が皆さまにおすすめしたい掲示板記事を3つピックアップ!おすすめポイントと一緒にお届けいたします。
  20. 20
    「尿中未変化体排泄率」に関する落とし穴
    尿中未変化体排泄率が低いからといって肝消失型薬剤とは限りません。腎機能低下による薬効の増強に配慮して、尿中未変化体排泄率が低い薬剤を使用すると、低血糖を起こす恐れもあります。

19万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード