• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師コラムランキング一覧

ランキング一覧

  1. 1
    小児科の処方は大変!
    「薬剤師mokaの漫画エッセイ」第18回は、小児科の処方についてのお話です。小児科の処方は、用量、調剤、服薬指導など気をつかうことが多いようです。
  2. 2
    Q.低カリウム血症を発現が懸念されるカンゾウの量は何グラムから?
    薬剤師に必要な医療知識をクイズで出題。併用禁忌のクイズや副作用のクイズ、服用方法など薬剤師には覚えておきたい薬剤クイズを学習・復習していきましょう。薬剤師が知っておきたい今回の問題は、「低カリウム血症を発現が懸念されるカンゾウの量は何グラムから?」です
  3. 3
    妊婦や授乳婦でも使える、OTCの湿布薬
    妊娠中や授乳中はさまざまな痛みのトラブルが付きまといます。具体的に「湿布薬を使って痛みを抑えたい」と思うシーンや、お勧めできるOTC医薬品と注意ポイントをご紹介します。
  4. 4
    患者さんとの関わり方から、求められる薬剤師の姿を問う
    最新の医療情報を現場の薬剤師へ伝える専門メディア・ファーマスタイルより新人薬剤師に向けたインタビュー記事です。薬局で70年薬剤師として働いた比留間榮子さんだから伝えられる患者さんとの関わり方や薬剤師としての在り方が紹介されています。
  5. 5
    後発医薬品(ジェネリック医薬品)の展望
    今回は日本薬剤師会常務理事、長津雅則さんに後発医薬品(ジェネリック医薬品)への日本薬剤師会としての今までの取り組みと、今後の展望、薬剤師としてのミッションなどについてお話しをうかがいました。
  6. 6
    Q.乳がん治療薬タモキシフェンとの併用に注意すべき薬剤は?
    医療&薬剤の発展は日進月歩。今日もクイズで重要な医療知識を復習しましょう。
  7. 7
    日病薬病院薬学認定薬剤師 超丁寧解説!
    日病薬病院薬学認定薬剤師とは?資格の概要、認定団体、取得メリット、役割、試験や論文・学会発表の有無といった取得方法や取得にかかる費用、更新情報、難易度までわかりやすく解説します。
  8. 8
    重複投与・相互作用等防止加算を算定できる条件は?
    「重複投薬・相互作用等防止加算」には、残薬調整と残薬調整以外があります。それぞれどういった状況で使い分けるのかを考えてみましょう。ポイントは、「処方変更の有無」と「薬学的観点に基づくものかどうか」です。
  9. 9
    新型コロナ、英国株でも症状は変わらず|注目の臨床ニュース
    薬剤師必見!4/26~5/3の新着臨床ダイジェストニュースの中から、薬剤師ブロガーキクオが注目したニュースを1位~5位までランキング!1位のニュースと注目した理由とは?
  10. 10
    Q.プラスチック容器への小分けに適さない液剤は?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「プラスチック容器への小分けに適さない液剤は?」
  11. 11
    2021年4月施行の調剤感染症対策実施加算とは
    2021年4月から算定できるようになった「調剤感染症対策実施加算」。しかし、その加算についての情報は豊富でなく、存在自体を知らない薬剤師も少なくありません。算定要件やその注意点について解説します。
  12. 12
    Q.ロキソニンとの併用を注意すべき血糖降下薬は?
    医療&薬剤の発展は日進月歩。今日もクイズで重要な医療知識を復習しましょう。
  13. 13
    本当に必要な会議って?
    コロナ禍で密を避けるため会議をする環境にも配慮が必要です。そのため共有事項などをメールで連絡することも増えたのではないでしょうか。また業務の改善など多くの意見が必要なときには、会議が有効となることもあります。そこで日ごろの「会議」についてm3.com薬剤師会員へアンケートを実施しました。
  14. 14
    前回お渡しした薬の副作用の確認を拒む患者さん
    「前回初めて処方された薬について、副作用が出ていないか確認しようとすると『そんなこといいから、早く薬を出して』と言われました。急いでいる患者さんに服薬指導をするとき、どう対応すればいいでしょうか?」との相談に、村尾先生がアドバイスします。
  15. 15
    Q.コミナティの2回目接種時の発熱発生頻度は?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「コミナティの2回目接種時の発熱発生頻度は?」
  16. 16
    Q.抗がん剤による悪心嘔吐に対して使える抗精神病薬は?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「抗がん剤による悪心嘔吐に対して使える抗精神病薬は?」
  17. 17
    Q.添付文書に投与期間の上限がない医薬品はどれか?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「添付文書に投与期間の上限がない医薬品はどれか?」
  18. 18
    保険の種類と申請手続き・変更調剤を復習しよう
    薬剤師コラム編集部が皆さまにおすすめしたい掲示板記事を3つピックアップ!おすすめポイントと一緒にお届けいたします。
  19. 19
    「尿中未変化体排泄率」に関する落とし穴
    尿中未変化体排泄率が低いからといって肝消失型薬剤とは限りません。腎機能低下による薬効の増強に配慮して、尿中未変化体排泄率が低い薬剤を使用すると、低血糖を起こす恐れもあります。
  20. 20
    薬歴の常套句「様子を見る」は、もう止めませんか?
    今回は、『患者さんの症状はよくなってきているとは思いますが、薬を変えるほどではありません。ずっと同じような薬歴を書いていて問題はないのでしょうか?』との悩みに、「服薬ケア研究所所長 岡村祐聡氏」がアドバイスします。

19万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード