• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師コラムランキング一覧

ランキング一覧

  1. 1
    Q.低カリウム血症を発現が懸念されるカンゾウの量は何グラムから?
    薬剤師に必要な医療知識をクイズで出題。併用禁忌のクイズや副作用のクイズ、服用方法など薬剤師には覚えておきたい薬剤クイズを学習・復習していきましょう。薬剤師が知っておきたい今回の問題は、「低カリウム血症を発現が懸念されるカンゾウの量は何グラムから?」です
  2. 2
    妊婦や授乳婦でも使える、OTCの湿布薬
    妊娠中や授乳中はさまざまな痛みのトラブルが付きまといます。具体的に「湿布薬を使って痛みを抑えたい」と思うシーンや、お勧めできるOTC医薬品と注意ポイントをご紹介します。
  3. 3
    コンタクトレンズを使う人が避けた方が良い点眼薬
    OTC医薬品の点眼薬はセルフメディケーションの良い選択肢になりますが、中にはコンタクトレンズを装着したままの点眼は避けた方が良いものもあります。安全性のデータは多くありませんが、明らかに注意が必要な添加物は見落とさないように気をつけましょう。
  4. 4
    ヒヤリ・ハット事例「食後と絶食下投与」の選択
    食事の影響を受ける薬剤のヒヤリハット事例です。薬局での取り組みや疑義照会をする薬剤師の対応を一緒に確認してみましょう。
  5. 5
    Q.睡眠導入剤で筋弛緩作用の少ない薬剤は?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「睡眠導入剤で筋弛緩作用の少ない薬剤は?」
  6. 6
    患者さんとの関わり方から、求められる薬剤師の姿を問う
    最新の医療情報を現場の薬剤師へ伝える専門メディア・ファーマスタイルより新人薬剤師に向けたインタビュー記事です。薬局で70年薬剤師として働いた比留間榮子さんだから伝えられる患者さんとの関わり方や薬剤師としての在り方が紹介されています。
  7. 7
    後発医薬品(ジェネリック医薬品)の展望
    今回は日本薬剤師会常務理事、長津雅則さんに後発医薬品(ジェネリック医薬品)への日本薬剤師会としての今までの取り組みと、今後の展望、薬剤師としてのミッションなどについてお話しをうかがいました。
  8. 8
    Q.ロキソニンとの併用を注意すべき血糖降下薬は?
    医療&薬剤の発展は日進月歩。今日もクイズで重要な医療知識を復習しましょう。
  9. 9
    Q.プラスチック容器への小分けに適さない液剤は?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「プラスチック容器への小分けに適さない液剤は?」
  10. 10
    本当に必要な会議って?
    コロナ禍で密を避けるため会議をする環境にも配慮が必要です。そのため共有事項などをメールで連絡することも増えたのではないでしょうか。また業務の改善など多くの意見が必要なときには、会議が有効となることもあります。そこで日ごろの「会議」についてm3.com薬剤師会員へアンケートを実施しました。
  11. 11
    重複投与・相互作用等防止加算を算定できる条件は?
    「重複投薬・相互作用等防止加算」には、残薬調整と残薬調整以外があります。それぞれどういった状況で使い分けるのかを考えてみましょう。ポイントは、「処方変更の有無」と「薬学的観点に基づくものかどうか」です。
  12. 12
    医師の世界にある、こんな掟破り騒動|医療マンガまとめ
    株式会社KADOKAWAとのコラボレーションで配信中の「医師の日常をテーマにしたマンガ」コンテンツ。薬剤師の皆さんも楽しめる漫画を“テーマ”ごとにまとめてピックアップ! 今回は「医師の世界にある、こんな掟破り騒動」のエピソードを集めてみました。
  13. 13
    モンテルカストチュアブル錠ってどんな味?
    薬の味を的確に説明できることは、薬剤師の服薬指導の幅を広げます。 自ら味見をして感じたことを患者さんに上手に伝えましょう。今回は、モンテルカストチュアブル錠の先発品・後発品の味見です。
  14. 14
    2021年4月施行の調剤感染症対策実施加算とは
    2021年4月から算定できるようになった「調剤感染症対策実施加算」。しかし、その加算についての情報は豊富でなく、存在自体を知らない薬剤師も少なくありません。算定要件やその注意点について解説します。
  15. 15
    子どもに薬を飲んでもらうには? 服薬指導で実践したいこと!
    今回は実際に臨床現場で使える「子どもに対する服薬指導」を伝えます。子どもに対する指導も大切ですが、両親に対してどうヒアリングをするのか、そして実際に私キクオが気を付けていることを語っていけたらと思います!
  16. 16
    Q.妊娠中に接種可能なワクチンは?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「妊娠中に接種可能なワクチンは?」
  17. 17
    前回お渡しした薬の副作用の確認を拒む患者さん
    「前回初めて処方された薬について、副作用が出ていないか確認しようとすると『そんなこといいから、早く薬を出して』と言われました。急いでいる患者さんに服薬指導をするとき、どう対応すればいいでしょうか?」との相談に、村尾先生がアドバイスします。
  18. 18
    Q.抗がん剤による悪心嘔吐に対して使える抗精神病薬は?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「抗がん剤による悪心嘔吐に対して使える抗精神病薬は?」
  19. 19
    Q.コミナティの2回目接種時の発熱発生頻度は?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「コミナティの2回目接種時の発熱発生頻度は?」
  20. 20
    「インスリン製剤の取り違え」ヒヤリ・ハット事例
    薬剤を交付時する際、患者さんに薬剤情報提供書を見せながら説明したにも関わらず、薬剤の写真と実物の違いに気づかず起こったヒヤリ・ハット事例です。対象となった薬剤や経緯など薬剤師の対応を一緒に確認してみましょう。

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード