• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師コラムランキング一覧

ランキング一覧

  1. 1
    みんなで選ぶ薬局アワード主宰、竹中先生って?
    「ファーマシストの流儀」第3回は、起業家薬剤師としてさまざまな事業を展開する一方、『みんなで選ぶ薬局アワード』開催を通じた薬局PR活動に取り組む竹中孝行先生です。竹中先生が起業家薬剤師として活動する背景には、意外な理由がありました。起業することになったきっかけや、『みんなで選ぶ薬局アワード』に込めた思いなどをうかがいました。
  2. 2
    Q.スイッチOTC化されていない薬剤はどれか?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「スイッチOTC化されていない薬剤はどれか?」
  3. 3
    多くの人が抱える緊張型頭痛って?
    一次性頭痛の中で最も頻度が高く、日本人の成人およそ5人に1人が有していると言われる緊張型頭痛。特徴や治療法、日常生活の注意点などをまとめました。
  4. 4
    Q.ヘパリン類似物質とワセリンの混合で保湿効果はどうなる?
    薬剤師に必要な医療知識をクイズで出題。併用禁忌のクイズや副作用のクイズ、服用方法など薬剤師には覚えておきたい薬剤クイズを学習・復習していきましょう。薬剤師が知っておきたい今回の問題は、「ヘパリン類似物質とワセリンの混合で保湿効果はどうなる?」です
  5. 5
    レジデント修了で変わる薬剤師の意識
    薬剤師の卒後病院研修の義務化について、薬剤師はどのように受け止めているのでしょうか。ここでは厚生労働行政推進調査事業で行われたアンケート調査から、レジデント経験の有無による薬剤師の意識の差をご紹介します。
  6. 6
    治療を諦めてしまい、投げやりになっている患者さんへの対応
    「治療を諦めてしまい、投げやりになっている患者さんが居ます。服薬指導をしていても、患者さんの口からは『どうでもいい…』と投げやりな言葉が出てきます。なんとか治療に希望をもってほしいのですが、どんな対応ができるでしょうか。」との相談に、村尾先生がアドバイスします。
  7. 7
    ドキドキの麻薬処方箋!
    「薬剤師mokaの漫画エッセイ」第25回は、麻薬処方箋についてです。麻薬処方箋を経験した後は、薬剤師として一歩レベルアップ出来たと感じるほど、確認が必要で緊張する業務です。
  8. 8
    医師に情報を共有するトレーシングレポートの書き方
    薬局で薬剤師が行う服薬指導などによって得られた情報は、患者さんの治療方針をより良いものにする助けになります。それらの情報を有効に活用する方法の一つが、トレーシングレポートです。第二回目の本記事では、報告を目的とした「情報共有タイプ」の書き方を見ていきましょう
  9. 9
    薬局×弁当屋 地域医療の新しいかたちとは?
    地域で、店舗で、目立たないけれど頑張っている薬剤師たちの中から、新しい取り組みや勉強会などに取り組んでいる薬剤師たちにクローズアップする『ファーマシストの流儀』。第7回は、デスメタルとパチスロをこよなく愛する薬剤師・川野義光先生です。
  10. 10
    コロナ禍の派遣薬剤師の時給は低下中!?派遣切りの体験談を聞いてみた!
    コロナ禍で派遣薬剤師の働き方は具体的にどう変わったのか?また現在の時給はどのくらいなのかまで突っ込んで話していこうかと思います!知人の薬剤師からもヒアリングしてみましたよ!それでは、いきましょう!
  11. 11
    腎臓病薬物療法認定薬剤師が語る「腎機能低下患者の処方監査と栄養指導」
    薬局勤務後に腎臓病薬物療法認定薬剤師を取得した大野伴和氏へのインタビュー記事です。薬局での取り組みや日常の業務など、腎臓病患者の処方例から疑義照会や栄養指導を解説しています。
  12. 12
    「薬剤服用歴管理指導料」の算定
    法律の観点から「薬剤服用歴管理指導料」に関する疑問を解決。さらに「在宅患者訪問薬剤管理指導料(又は居宅療養指導費)」の算定について分かりやすく説明しています。
  13. 13
    Q.やむを得ない場合でも授乳婦には避けるべき解熱鎮痛薬は?
    医療&薬剤の発展は日進月歩。今日もクイズで重要な医療知識を復習しましょう。
  14. 14
    Q.全ての強オピオイド製剤が、初回から使用可能であるか?
    薬剤師に必要な医療知識をクイズで出題。併用禁忌のクイズや副作用のクイズ、服用方法など薬剤師には覚えておきたい薬剤クイズを学習・復習していきましょう。薬剤師が知っておきたい今回の問題は、「全ての強オピオイド製剤が、初回から使用可能であるか?」です
  15. 15
    服薬指導に即活用!経口糖尿病治療薬の知識
    経口糖尿病治療薬は薬剤師として関わる機会が多い薬剤のひとつです。種類も豊富なうえ、ハイリスク薬でもありのでしっかり学んでおきましょう。また、全糖尿病患者の約半分を占めるといわれる高齢者に 使用する場合、高齢者特有の特徴も踏まえたアセスメントや服薬指導を求められることから、それらの薬剤に対してより理解を深めておく必要があります。
  16. 16
    Q.リベルサス錠は何の注射薬が内服可能になった薬?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「リベルサス錠は何の注射薬が内服可能になった薬?」
  17. 17
    厚労省、コロナ抗原キット薬局販売解禁|注目の臨床ニュース
    薬剤師必見!9/27~10/4の新着臨床ダイジェストニュースの中から、薬剤師ブロガーキクオが注目したニュースを1位~5位までランキング!1位のニュースと注目した理由とは?
  18. 18
    後発品、患者から「またメーカーが変わるの?」
    後発医薬品メーカーの自主回収が相次ぎ、後発医薬品への信頼性がゆらぎつつあります。事態は薬局・病院の現場にも大きな影響を及ぼしており、多くの薬剤師が対応に追われています。今回は、自主回収に伴う患者対応について、薬剤師会員へのアンケート結果を紹介します。
  19. 19
    Q.単剤で適応がある分子標的薬は?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「単剤で適応がある分子標的薬は?」
  20. 20
    地元愛溢れるお薬手帳!
    m3.com薬剤師会員に、お薬手帳を持参させる工夫についてアンケートを実施しました。1203名にいただいた回答、リクエストにおこたえして、今回は地元愛にあふれるお薬手帳や記録帳をご紹介します!

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード