1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師コラムランキング一覧

ランキング一覧

  1. 1
    特に問題がない患者さんのプロブレムはどうする?
    「薬の効果は出ているし、副作用も出ていない。プロブレムが見つからない患者さんの薬歴はどうすればよいのですか?」とのお悩みに、服薬ケア研究所所長 岡村祐聡氏がアドバイスします。
  2. 2
    Q.熱中症予防のための指導内容で適切なのは?
    薬剤師も理解しておきたい医療知識を出題!今回の問題は看護師国家試験第107回午後問題102より「熱中症予防のための指導内容で適切なのは?」です
  3. 3
    正しい薬歴のためにA(アセスメント)を見極めよう
    「認知症気味の患者さん。2種類の塗り薬を手で混ぜ合わせて塗るように医師より指示を受けたが、一人ではできそうにないとご家族が心配しています。この薬歴ではご家族の一番の心配が伝わっていないと思うのですが。会社からは詳しく書くと怒られます。これで正しい薬歴になっているでしょうか?」とのお悩みに、服薬ケア研究所所長 岡村祐聡氏がアドバイスします。
  4. 4
    漢方エキス製剤をお湯に溶かすことを「勧めている」は2割|注目の臨床ニュース
    薬剤師必見!7/25~8/1の新着臨床ダイジェストニュースの中から、薬剤師ブロガーキクオが注目したニュースを1位~5位までランキング!1位のニュースと注目した理由とは?
  5. 5
    医療機関の個人情報、扱いは?
    法令上、個人情報が漏洩した場合には、民法に基づく損害賠償請求などを生じる可能性があります。そこでm3.com薬剤師会員の皆さんに「医療機関の個人情報の取り扱い」について意見をうかがいました。
  6. 6
    電話に出るのが怖いという新人薬剤師
    「職場の電話に出るのが怖いです。受話器を取ると、すぐにテンパってしまい、なにを話せばいいかわからなくなります。落ち着いて電話に出られるようになるにはどうすれば良いでしょうか。」との新人薬剤師さんからの相談に、村尾先生がアドバイスします。
  7. 7
    Q.AKI発症リスクになる「Triple Whammy」とは?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「AKI発症リスクになる「Triple Whammy」とは?」
  8. 8
    服薬指導のプライバシーに対する意識調査.1
    薬剤師は患者さんの個人情報をたくさん扱います。中でも、服薬指導の際には薬や病気の名前、通っている病院や診療科、さらには経済状況や生活環境のことまで話題にのぼることもありますが、こうした情報を扱う際に現場の薬剤師たちはどんなことに気を付けているのか。アンケートから得られたデータをもとに、改めて考えてみたいと思います。
  9. 9
    Q.血虚と水毒(水滞)症状の両方を主に改善させる婦人科領域で頻用の方剤はどれか
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「血虚と水毒(水滞)症状の両方を主に改善させる婦人科領域で頻用の方剤はどれか」です。
  10. 10
    新薬創出等加算って何?
    今回は、新薬創出等加算(新薬創出・適応外薬解消等促進加算)について簡単に説明したいと思います。制度を見ていくことで、国がどのような薬や企業を評価しているかが分かりますし、薬価改定による医薬品薬価の変化、医薬品卸が提示する価格の理由、各メーカーの戦略が垣間見えるようになると思います。
  11. 11
    Q.過活動膀胱治療薬で、抗コリン薬に分類されないのは?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「過活動膀胱治療薬で、抗コリン薬に分類されないのは?」
  12. 12
    Q.小児への適応が認められているものはどれか。
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「小児への適応が認められているものはどれか。」
  13. 13
    Q.室温保管が可能なラタノプロスト点眼液は?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「室温保管が可能なラタノプロスト点眼液は?」
  14. 14
    夏のいやな汗。その診断や治療方法とは
    梅雨が明けて一気に暑さがやってきましたね。今は歩いているだけで汗をかいてしまうような気温ですが、暑くないのに必要以上に多くの汗をかいてしまうこともある多汗症についてまとめました。
  15. 15
    患者さんの要望を何でも聞き入れるのが、デキる薬剤師?
    これまで大好評だった『疑義照会・失敗列伝』の4thは視点を変えた患者さんとの失敗談についてです。今回は、「患者さんの要望を何でも聞き入れるのが、デキる薬剤師?」です。
  16. 16
    ドクターがもう帰ってしまっていた
    これまで大好評だった『疑義照会・失敗列伝』の4thは視点を変えた患者さんとの失敗談についてです。今回は、「ドクターがもう帰ってしまっていた」です。
  17. 17
    Q.最も小さなカプセル剤はどれか?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「最も小さなカプセル剤はどれか?」
  18. 18
    薬の廃棄.1~麻薬・向精神薬・覚醒剤原料
    私たち薬剤師はいろいろな医薬品を扱いますが、意外と知らないのが「廃棄方法」です。麻薬や注射針だけでなく、吸入や点鼻などのデバイスも多様化している今、改めてその適切な廃棄と分類のやり方を学んでおきましょう。これから管理者になる方や、若手の薬剤師を育成する立場の方にぜひ知っておいてもらいたいお話です。
  19. 19
    Q.慢性便秘症の適応がない薬剤は?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「慢性便秘症の適応がない薬剤は?」
  20. 20
    復習5「OD錠」「D錠」「RM錠」「RPD錠」の違い
    薬剤師にとって「知っていて当たり前」とされていても、ど忘れしてしまったり、意外と抜けてしまっていたりする知識は出てくるもの。今回復習するキホンは「OD錠、D錠、RM錠、RPD錠の違い」です。

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

薬剤師ブロガー 業界動向 漢方 医療ニュース 医療クイズ ランキング SOAP 薬歴 ebm 感染症対策