• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師コラムランキング一覧

ランキング一覧

  1. 1
    ハイリスク薬の服薬指導
    「薬剤師mokaの漫画エッセイ」第21回は、ハイリスク薬についてのお話です。高齢者の方の処方は、ハイリスク薬のオンパレードの事も多く、薬剤師の腕の見せどころ!と感じているそうです。
  2. 2
    薬剤師の在宅医療、約7割がやりがい「あり」
    在宅医療において薬剤師の役割は拡大しており、国を挙げて普及が進められています。現場の薬剤師は、在宅医療のやりがいについてどのように受け止めているのでしょうか。薬剤師会員へのアンケート結果を紹介します。
  3. 3
    患者さんの不安に寄り添い、対話できる薬剤師の関わり方を問う
    がん患者さんの治療に対する戸惑いや不安などを調査結果から分析しています。医療者側の関わりや薬局での服薬指導について、発言例から指摘している内容です。
  4. 4
    後発品の出荷調整拡がる 東和薬品は241品目に|注目の臨床ニュース
    薬剤師必見!7/12~7/19の新着臨床ダイジェストニュースの中から、薬剤師ブロガーキクオが注目したニュースを1位~5位までランキング!1位のニュースと注目した理由とは?
  5. 5
    患者さんの名前|薬剤師の日常マンガ
    会員の皆さんから寄せられた、日常にあった出来事、薬剤師なら“あるある!”と、思わずうなずいてしまうエピソードを漫画にしてお届けします。今回は複数の方からいただいたエピソード「患者さんの名前」です。
  6. 6
    Q.ファイザー製ワクチン、1回接種でデルタ株への効果は?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「ファイザー製ワクチン、1回接種でデルタ株への効果は?」
  7. 7
    化学の歴史を形作ってきた個性的な面々
    薬剤師は化学の専門家である。「化学の面白い本を教えてほしい」と言われたとき、『世界史は化学でできている――絶対に面白い化学入門』(左巻健男著、ダイヤモンド社)を薦めるというのは、どうだろうか。化学の歴史を形作ってきた面々がいずれも個性的なので、楽しく読める。
  8. 8
    蚊に刺された時は、強いステロイドを購入すべき?
    特に蚊に刺されの痒み止めには、「ステロイド」の入った薬は強力な痒み・炎症止めとして使われることが多いです。しかし、その「ステロイド」のランクの選び方には注意が必要です。
  9. 9
    規格の事情【疑義照会・失敗列伝③】
    会員の皆さんからアンケートに寄せられたエピソードをベースに、脚色を加えて作成した疑義照会のエピソードをマンガと先輩からのコメントつきでお届けします。今回は「規格の事情」です。
  10. 10
    Q.生理食塩液で希釈してはいけない薬剤はどれ?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「生理食塩液で希釈してはいけない薬剤はどれ?」
  11. 11
    調剤感染症対策実施加算について調べてみた
    今回は、4月から加算がつくようになった新型コロナウイルスに関わる「調剤感染症対策実施加算」についてです。感染対策をしていれば算定できる、というざっくりとしたイメージしかなかったので、算定条件など確認したいと思い、調べてみました!
  12. 12
    薬剤師の業務内容「許容範囲と専門領域」
    薬剤師コラム編集部が皆さまにおすすめしたい掲示板記事を3つピックアップ!おすすめポイントと一緒にお届けいたします。
  13. 13
    Q.冷所保存不可のアレルギー用点眼薬は?
    インターネットやSNSで冷蔵庫で冷やして保存をすることが紹介されていることが多い点眼薬。取り扱いに注意が必要なアレルギー用点滴薬についてのクイズです。
  14. 14
    薬剤師の結婚相手って?
    前回の婚活テーマの記事に引き続き、今回は結婚についてm3.com薬剤師会員へアンケートを実施。薬剤師のパートナーに最も多い職種とは?結婚前と結婚後のイメージのギャップについてもお聞きしました。
  15. 15
    薬剤師が「虫よけ製品」選びで支援できること
    病院や薬局の薬剤師ではあまり学ぶ機会のない虫除け製品。虫除けを使うシチュエーションごとに適切な商品選びを支援できるよう準備しておきましょう。
  16. 16
    検査値付き処方箋を活用しよう!-その1-
    「薬剤師mokaの漫画エッセイ」第22回は、検査値付き処方箋についてのお話です。検査値付き処方箋は監査に時間は掛かりますが、数値が確認できるので安心感があるそうです。
  17. 17
    Q.妊婦にも使用できる抗不整脈薬はどれか。
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「犯罪防止のためフルニトラゼパムに施されている工夫は?」
  18. 18
    バイオ医薬品について正しい説明ができますか?
    第106回薬剤師国家試験(国試)は、改訂薬学教育モデルコア・カリキュラム(改訂コア・カリ)に準拠した「新出題基準」で行われた初の国試です。 国試には、その時代背景に合わせた問題が出題されます。そのため、既に薬剤師免許を取得し、現場で活躍している薬剤師の方々にも、改めて国試をみていただき「いまの時代に問われている知識や資質」を再確認していただければと思います。さらに、新人薬剤師を採用する会社・店舗の薬剤師の皆さんにも新人がどんな勉強をしていたのかを知ることで、コミュニケーションのきっかけ作りに役立てていただきたいと思います。
  19. 19
    久しぶりの飲み会を楽しみにしているメトホルミン服用患者
    「メトホルミン」を服用している人は、一時的にでもアルコールを大量に摂取すると「乳酸アシドーシス」を起こすリスクが高まります。今後、コロナ禍が落ち着いてきた頃の“久しぶりの飲み会”にも十分に注意するようにしてください。
  20. 20
    照会の必要なかった【疑義照会・失敗列伝②】
    会員の皆さんからアンケートに寄せられたエピソードをベースに、脚色を加えて作成した疑義照会のエピソードをマンガと先輩からのコメントつきでお届けします。今回は「照会の必要なかった」です。

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード