• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師コラムランキング一覧

ランキング一覧

  1. 1
    後発医薬品(ジェネリック医薬品)の展望
    今回は日本薬剤師会常務理事、長津雅則さんに後発医薬品(ジェネリック医薬品)への日本薬剤師会としての今までの取り組みと、今後の展望、薬剤師としてのミッションなどについてお話しをうかがいました。
  2. 2
    Q.プラスチック容器への小分けに適さない液剤は?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「プラスチック容器への小分けに適さない液剤は?」
  3. 3
    Q.抗凝固薬「アピキサバン」の減量基準は?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「抗凝固薬「アピキサバン」の減量基準は?」
  4. 4
    卸への代替薬確認で日常業務にも支障
    後発医薬品メーカーの自主回収が相次ぎ、後発医薬品への信頼性がゆらぎつつあります。事態は薬局・病院の現場にも大きな影響を及ぼしており、多くの薬剤師が対応に追われています。今回は、代替薬の調達について、薬剤師会員へのアンケート結果を紹介します。
  5. 5
    Q.アナフィラキシーで、エピネフリンの次に投与したい薬剤はどれ?
    アナフィラキシーで、エピネフリンの次に投与したい薬剤についておさらいしましょう。
  6. 6
    医薬品に異物混入!検出法や対応法わかりますか!?
    第106回薬剤師国家試験(国試)は、改訂薬学教育モデルコア・カリキュラム(改訂コア・カリ)に準拠した「新出題基準」で行われた初の国試です。 国試には、その時代背景に合わせた問題が出題されます。そのため、既に薬剤師免許を取得し、現場で活躍している薬剤師の方々にも、改めて国試をみていただき「いまの時代に問われている知識や資質」を再確認していただければと思います。さらに、新人薬剤師を採用する会社・店舗の薬剤師の皆さんにも新人がどんな勉強をしていたのかを知ることで、コミュニケーションのきっかけ作りに役立てていただきたいと思います。
  7. 7
    美人ママの愛用ガジェット|薬剤師の白衣の中身
    決して大きくないスペースに詰められる、選ばれしアイテムを、持ち主の薬剤師さんと共に紹介する『薬剤師の白衣の中身』。今回は1歳の男の子のママで、処方薬局にお勤めのハヤシさんの白衣の中身です。
  8. 8
    かかりつけ薬剤師制度はなぜ始まった
    今回は改めてかかりつけ薬剤師の背景や24時間体制ってどうなのかのリアルを届けたいと思います。みなさんは、実際にかかりつけ薬剤師についてどう思っていますか?
  9. 9
    ツラい頭痛は鯵の力で緩和しましょう!|漢方レシピ
    日本人の4人に1人が悩まされていると言われ、もはや国民病となっている『頭痛』。 生活の中で痛みを感じるのはとてもツラく、強い痛みや慢性的な頭痛は日常生活に支障をきたすこともありますよね。鎮痛剤に頼るだけでなく、自分の体質を改善することで、身体の中から頭痛を予防していきましょう!
  10. 10
    Q.βラクタム系抗菌薬アレルギー患者に使用すべき術後感染予防抗菌薬はどれ?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「βラクタム系抗菌薬アレルギー患者に使用すべき術後感染予防抗菌薬はどれ?」
  11. 11
    後発品、患者から「またメーカーが変わるの?」
    後発医薬品メーカーの自主回収が相次ぎ、後発医薬品への信頼性がゆらぎつつあります。事態は薬局・病院の現場にも大きな影響を及ぼしており、多くの薬剤師が対応に追われています。今回は、自主回収に伴う患者対応について、薬剤師会員へのアンケート結果を紹介します。
  12. 12
    〇〇で感じる!? 四季の訪れ|薬剤師の日常マンガ
    会員の皆さんから寄せられた、日常にあった出来事、薬剤師なら“あるある!”と、思わずうなずいてしまうエピソードを漫画にしてお届けします。今回はkazuさんからいただいたエピソード「四季の訪れ」です。
  13. 13
    Q.ケトプロフェン製剤過敏症既往の患者に服用できないのは?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「ケトプロフェン製剤過敏症既往の患者に服用できないのは?」
  14. 14
    調剤基本料の違いを患者さん視点で考える
    患者さんから質問があったとき、どう答えるかで信頼関係に影響する場合もあります。薬剤師なら知っておきたい調剤基本料について、相談内容から解説しています。
  15. 15
    「休薬期間が必要となる特殊な薬剤」ヒヤリ・ハット事例
    診断により投与量が変更となったヒヤリ・ハット事例です。疑義照会をする上で必要な情報や、添付文書上での注意すべき確認ポイントが分かります。一緒に経緯を振り返ってみましょう。
  16. 16
    何度も電話してしまう【疑義照会・失敗列伝①】
    会員の皆さんからアンケートに寄せられたエピソードをベースに、脚色を加えて作成した疑義照会のエピソードをマンガと先輩からのコメントつきでお届けします。今回は「何度も電話してしまう」です。
  17. 17
    緩和ケアの視点で考察する、最新がん治療と疼痛管理
    オピオイドを長期で投与している患者さんの予後や、疼痛が慢性化する機序などを専門家が解説。在宅終末期がん患者さんの薬剤管理に関する最新緩和ケアの知識を網羅できる内容です。
  18. 18
    患者さんの代理人に服薬指導するには?
    「患者さんの代わりに、ご家族の方が薬を受け取りに来ましたが、こちらからの質問は「本人じゃないからわからない」と言われてしまい、お薬手帳もないとのこと。適切な指導をするにはどうすれば良いでしょうか。」との相談に、村尾先生がアドバイスします。
  19. 19
    Q.顔面への塗布が比較的安全なステロイドはどれか
    薬剤師に必要な医療知識をクイズで出題。併用禁忌や副作用、服用方法など薬剤師には覚えておきたい薬剤クイズを学習・復習していきましょう。薬剤師が知っておきたい今回の問題は、「顔面への塗布が比較的安全なステロイドはどれか」です
  20. 20
    Q.ベンザルコニウムを含まない点眼薬はどれか?
    薬剤師に必要な医療知識をクイズで出題。併用禁忌のクイズや副作用のクイズ、服用方法など薬剤師には覚えておきたい薬剤クイズを学習・復習していきましょう。薬剤師が知っておきたい今回の問題は、「ベンザルコニウムを含まない点眼薬はどれか?」です

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード