• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師コラムランキング一覧

ランキング一覧

  1. 1
    Q.OTC薬で重篤な副作用報告が最も多いのは?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「OTC薬で重篤な副作用報告が最も多いのは?」
  2. 2
    12月薬価収載予定の後発医薬品が承認
    調剤薬局で働きながらSNSによる情報発信を続けているぺんぎん薬剤師がm3.com内で配信された臨床ニュースの中から一つを選び解説します。
  3. 3
    「薬剤服用歴管理指導料」の算定
    法律の観点から「薬剤服用歴管理指導料」に関する疑問を解決。さらに「在宅患者訪問薬剤管理指導料(又は居宅療養指導費)」の算定について分かりやすく説明しています。
  4. 4
    パーキンソン病の治療薬「薬剤の禁忌と注意点」
    パーキンソン病の症状と薬剤選択の関係性を解説。早期から進行期に至るまで、薬剤調整の重要なポイント、パーキンソン病治療薬の禁忌と注意点が図で示されています。
  5. 5
    自宅そばにファストフード店があると糖尿病になりやすい?|注目の臨床ニュース
    薬剤師必見!11/22~11/29の新着臨床ダイジェストニュースの中から、薬剤師ブロガーキクオが注目したニュースを1位~5位までランキング!1位のニュースと注目した理由とは?
  6. 6
    保険証に追記された「枝番」とは?
    これまで保険証には、保険者番号と記号・番号が記載されていましたが、2020年10月以降発行のものから随時、新たに「枝番」という二桁の番号も追加されるようになりました。
  7. 7
    Q.妊娠希望の女性でも使いやすい抗てんかん薬はどれ?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「妊娠希望の女性でも使いやすい抗てんかん薬はどれ?」
  8. 8
    オンライン診療と健康相談、線引きは?
    厚生労働省によると医療機関が電話やオンラインによる診療を行う場合には、トラブルを未然に防ぐため、ホームページ等で「診療が困難な症状や対面診療が必要な場合がある」と記載することが推奨されています。そこでm3.com薬剤師会員様へ、実際の診療における「オンライン診療と健康相談の線引き」について意見をうかがいました。
  9. 9
    蜂窩織炎(蜂巣炎)とその他鑑別診断
    皮膚軟部組織感染症の代表であり「蜂窩織炎(蜂巣炎)」はよく見る疾患ですが、鑑別診断が重要です。蜂窩織炎と丹毒の主な違いや、蜂窩織炎の治療について紹介します。
  10. 10
    薬剤師の能力査定「評価のポイントと裏事情」
    薬剤師コラム編集部が皆さまにおすすめしたい掲示板記事を3つピックアップ!おすすめポイントと一緒にお届けいたします。
  11. 11
    薬剤師のための論文活用(前編)
    新型コロナウイルス感染症に対するイベルメクチンの有効性を検討した論文をもとに、情報の取捨選択と薬剤師の専門性について考察していきます。前編では、イベルメクチンに関する情報の現状と、メディアで話題となった論文をご紹介します。
  12. 12
    Q.みかんの食べ過ぎで皮膚が黄色くなる原因は?
    薬剤師に必要な医療知識をクイズで出題。併用禁忌や副作用、服用方法など薬剤師には覚えておきたい薬剤クイズを学習・復習していきましょう。薬剤師が知っておきたい今回の問題は、「みかんの食べ過ぎで皮膚が黄色くなる原因は?」です
  13. 13
    「有効成分・チモロールマレイン酸塩」ヒヤリ・ハット事例
    緑内障の治療点眼剤に関するヒヤリ・ハット事例です。単剤での効果が不十分であるときに選択される多剤併用療法について一緒に振り返ってみましょう。
  14. 14
    鉄剤の比較と服薬指導
    鉄欠乏性貧血の治療に使用される鉄剤。1日の服用回数以外の違いが曖昧なまま投薬してしまっていたので、今回は4つの経口鉄剤についてどのような違いがあるのかまとめました。
  15. 15
    Q.褥瘡に用いられる薬剤はどれか?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「褥瘡に用いられる薬剤はどれか?」
  16. 16
    Q.OTC薬と医療用薬の組合せで成分が異なるものは?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「OTC薬と医療用薬の組合せで成分が異なるものは?」
  17. 17
    Q.がん悪液質治療薬「エドルミズ」に適応がないのは?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「がん悪液質治療薬「エドルミズ」に適応がないのは?」
  18. 18
    Q.週1回投与のGLP-1受容体作動薬は?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「週1回投与のGLP-1受容体作動薬は?」
  19. 19
    服薬指導を受けたがらない患者さん
    「過去に別の薬局で受けた服薬指導に不満があるようで、服薬指導を受けたがりません。どのように対応すれば、服薬指導を受けてくれるでしょうか。」との相談に、村尾先生がアドバイスします。
  20. 20
    エチゾラムは30日分を超えて処方できる?
    長期で航海に出られる船員さんの船員保険に関する内容です。処方日数の特例など根拠となる法令の知識を含め内服薬や外用薬の投与量について解説しています。

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

薬剤師ブロガー 糖尿病 調剤報酬改定 OTC医薬品 パーキンソン病 ファーマスタイル 医療クイズ ランキング 疾患・病態 ebm