1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師コラムランキング一覧

ランキング一覧

  1. 1
    その一言子供も聞いてますよ
    先輩薬剤師が"過去のしくじり"を繰り返さないように"しくじりの回避方法"を広く伝え、「自分の言動の問題点と教訓」を漫画形式でご紹介!今回は「その一言子供も聞いてますよ」です。
  2. 2
    薬剤師必見!子どもの薬の誤飲防止対策
    子どもの「行動特性」と「チャイルドレジスタンス包装容器」から、薬の誤飲防止のために薬剤師に何ができるかを考えます。
  3. 3
    Q.Aさんにみられている状態はどれか。
    薬剤師も理解しておきたい医療知識を出題!今回の問題は看護師国家試験第第109回午前問題66より「Aさんにみられている状態はどれか。」です
  4. 4
    Q.消炎薬「アズレン」は何から見つかった成分?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「消炎薬「アズレン」は何から見つかった成分?」
  5. 5
    この調剤で問題はない?リンデロン編
    一見、問題なさそうに見える調剤済みの薬。本当に問題ないでしょうか。日頃なんなくできている調剤も意外なところに落とし穴があるかもしれません。それを確認していきましょう。今回は、リンデロンのヒヤリハットです。
  6. 6
    「冷湿布」「温湿布」の違い
    薬剤師にとって「知っていて当たり前」とされていても、ど忘れしてしまったり、意外と抜けてしまっていたりする知識は出てくるもの。今回復習するキホンは「冷湿布、温湿布」です。
  7. 7
    薬剤師真希子と学ぶ せん妄予防の関わり方
    在宅訪問すると、認知症患者さんの服薬指導が多いと思います。そこで、ポリファーマシー解決に取り組み、認知症委員会で認知症やせん妄患者さんに対する薬の投与計画をする真希子先生に、せん妄の誘発因子がある患者さんのお薬とどのように薬剤師が向き合えるのかを、症例を使用してポイント解説します。今回は、せん妄の誘発因子についてです。
  8. 8
    コロナとインフルエンザの同時検査キット試したことある?
    一般向けに新型コロナウイルスとインフルエンザの両方の感染有無を調べることができる「同時検査キット」の販売が開始されています。購入の際には薬剤師から使用方法などの説明を受けることが条件。そこで同時検査キットに関する薬局事情についてうかがいました。
  9. 9
    エスゾピクロンはゾピクロンより効果あり?
    論文検索のノウハウについて解説する本シリーズ。前回までは、論文検索をするうえで最も重要なポイント「疑問をPECOで定型化し、検索効率に優れたワードを抽出する」ところについてでした。今回はその定式化したPECOから検索ワードを抽出する作業について詳しく解説していきます。
  10. 10
    検査値の読み方に自信がありません
    「3カ月前までアトルバスタチンを飲んでいた女性患者さんが『テレビで見たコレステロールの基準値を教えて欲しい』とおっしゃいました。それだけではよくわからなかったので、ネットで調べながら、L/H比のことだろうと推測しお話しました。薬剤師の指導としてこれで良かったでしょうか?」とのお悩みに、服薬ケア研究所所長 岡村祐聡氏がアドバイスします。
  11. 11
    患者を介護する「家族介護者」にも医療・介護専門職のケアが必要と判明|注目の臨床ニュース
    薬剤師必見!1/24~1/30の新着臨床ダイジェストニュースの中から、薬剤師ブロガーキクオが注目したニュースを1位~5位までランキング!1位のニュースと注目した理由とは?
  12. 12
    薬学生が働きたいと思う職場作りのポイント
    薬学生の最近の就活事情について就活支援サービス側から見た実情について解説しました。今回は、現在薬剤師として活躍する私たちがどのように次の世代の薬剤師と関わっていけば良いのかについて考えます。
  13. 13
    薬を減らすも料金がUP?上手な伝え方とは
    お薬が減ったのにいつもの領収金額(一部負担金)より増えてしまう事例について、詳しく解説します。
  14. 14
    Q.ピロリ除菌でクラリスロマイシンを増量すると?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「ピロリ除菌でクラリスロマイシンを増量すると?」
  15. 15
    Q.服用後、お粥を食し薬力を助けるよう指示のあるものは?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「服用後薬力を助けるよう指示のあるものは?」
  16. 16
    就職支援が見る最近の薬学生の就職と考え方
    新型コロナウイルス感染症の流行により、社会が大きく変わる中、今の薬学生はどのようなことを考えて就職先を探しているのか。薬学生の就職支援に携わっていた方へのインタビューを通して、私たち現役の薬剤師がどのようなことを考えながら薬学生や新卒薬剤師と向き合っていく必要があるのかを紹介します。
  17. 17
    医師から「患者さんを脅すな」とクレームがきてしまった
    「患者さんの担当医から「患者さんを脅すな」とクレームがきました。薬の副作用を説明したことが、「怖い薬」と伝わってしまったようです。どのように伝えればよかっでしょうか。」との相談に、村尾先生がアドバイスします。
  18. 18
    Q.センノシドの効果発現までの時間は?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「センノシドの効果発現までの時間は?」
  19. 19
    イーケプラ(レベチラセタム)の味を比較
    今回は、イーケプラ(レベチラセタム)を題材に錠剤の服薬が苦手な患者さんや嚥下力の低下した高齢者の方にちょっと珍しい剤形の紹介も含めた味見を行います。
  20. 20
    できる薬剤師の患者対応のコツ3
    患者対応をうまくこなして、”できる薬剤師”に見られるためにはどのような視点を持つ必要があるのか。薬学の勉強に加えて習得したい、ちょっとした患者対応のコツをお伝えします。

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

調剤 服薬指導 医療過誤・ヒヤリハット 漢方 ライフ・雑学 医療クイズ ebm 感染症対策 薬剤師あるある アセスメント