1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師コラムランキング一覧

ランキング一覧

  1. 1
    2022年度調剤報酬改定「関心の高いテーマを徹底調査」
    2022年度の調剤報酬改定にともない、薬剤師にとって関心の高いテーマを独自に調査。新たに加算化されるシステム導入状況や薬剤師のコメントが分かる情報です。
  2. 2
    薬価の計算方法ってご存知ですか?
    調剤薬局で働きながらSNSによる情報発信を続けているぺんぎん薬剤師が中央社会保険医療協議会に関するニュースの中から一つを選び解説します。
  3. 3
    女性が性的満足度を得る鍵はオーガズム?|注目の臨床ニュース
    薬剤師必見!5/1~5/9の新着臨床ダイジェストニュースの中から、薬剤師ブロガーキクオが注目したニュースを1位~5位までランキング!1位のニュースと注目した理由とは?
  4. 4
    「見落とせない!ザルティア錠の禁忌」ヒヤリ・ハット事例
    ザルティア錠が処方された患者さんに疑義照会を行ったヒヤリ・ハット事例です。薬剤の禁忌に該当した内容と薬剤師の対応を一緒に振り返ってみましょう。
  5. 5
    4回目のワクチン接種、必要?
    海外では4回目のワクチン接種を先行して進めている国もあり、厚生労働省により4回目接種ができる体制整備に関する意向が示されています。そこでm3.com薬剤師会員の皆さんに「4回目のワクチン接種」について意見をうかがいました。海外では4回目のワクチン接種を先行して進めている国もあり、厚生労働省により4回目接種ができる体制整備に関する意向が示されています。そこでm3.com薬剤師会員の皆さんに「4回目のワクチン接種」について意見をうかがいました。
  6. 6
    わかってやってる【疑義照会・失敗列伝3rd-2】
    2ndシリーズまで大好評だった『疑義照会・失敗列伝』の3rdは視点を変えた医師目線ver。今回は、「わかってやってる」です。
  7. 7
    Q.通常投与量を超えてはならない薬剤はどれか?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「通常投与量を超えてはならない薬剤はどれか?」
  8. 8
    Q.脱カプセルできない薬剤はどれ?
    薬剤師に必要な医療知識をクイズで出題。併用禁忌のクイズや副作用のクイズ、服用方法など薬剤師には覚えておきたい薬剤クイズを学習・復習していきましょう。薬剤師が知っておきたい今回の問題は、「脱カプセルできない薬剤はどれ?」です
  9. 9
    コロナ手当・慰労金もらったことある?
    新型コロナウイルス感染拡大に伴い、就業先における特別手当の支給や患者と接する業務に従事する医療従事者、職員に対して慰労金が交付されています。そこでm3.com薬剤師会員の皆さんに「コロナ手当・慰労金の現状」について意見をうかがいました。
  10. 10
    Q.パーキンソン病患者に禁忌のものはどれか。
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「パーキンソン病患者に禁忌のものはどれか。」
  11. 11
    Q.「リンデロンV」の一般名は?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「「リンデロンV」の一般名は?」
  12. 12
    Q.次のうち、一部の心疾患に対しても適応のあるものはどれか。
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「次のうち、一部の心疾患に対しても適応のあるものはどれか。」
  13. 13
    遠慮しないで【疑義照会・失敗列伝3rd-1】
    2ndシリーズまで大好評だった『疑義照会・失敗列伝』の3rdは視点を変えた医師目線ver。今回は、「遠慮しないで」です。
  14. 14
    湿布薬の枚数制限が7枚だけ減った理由は?
    調剤薬局で働きながらSNSによる情報発信を続けているぺんぎん薬剤師が中央社会保険医療協議会に関するニュースの中から一つを選び解説します。
  15. 15
    糖尿病改善につながる「動機付け」
    これまでと少し視点を変えて、特に印象に残った糖尿病患者さんとのエピソードとそこから得た知見を皆さんに共有していきます。今回も前回に引き続き「糖尿病の治療継続と動機付け」についてです。
  16. 16
    Q.嗄声になりにくい吸入薬はどれ?
    医療&薬剤の発展は日進月歩。今日もクイズで重要な医療知識を復習しましょう。
  17. 17
    Q.抗血小板作用と抗炎症作用があるのは?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「抗血小板作用と抗炎症作用があるのは?」
  18. 18
    「ベルソムラ錠と併用禁忌の薬剤」ヒヤリ・ハット事例
    70歳代の患者さんに処方されたベルソムラ錠のヒヤリ・ハット事例です。処方医へ疑義照会を行った経緯を一緒に振り返ってみましょう。
  19. 19
    処方薬についての指導がなければダメ?
    今回は、「薬歴では、処方薬について指導していないとダメなのでしょうか?」とのお悩みに服薬ケア研究所所長 岡村祐聡氏がアドバイスします。
  20. 20
    Q.腎臓から排泄を受けやすいスタチン系薬剤は?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「腎臓から排泄を受けやすいスタチン系薬剤は?」

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

薬剤師ブロガー 禁忌 新型コロナ 調剤報酬改定 薬価改定 疑義照会 医療過誤・ヒヤリハット 業界動向 医療ニュース パーキンソン病