1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師コラムランキング一覧

ランキング一覧

  1. 1
    Q.食事の影響で効果が減弱しやすい抗ヒス薬は?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「食事の影響で効果が減弱しやすい抗ヒス薬は?」
  2. 2
    残薬調整を“事後報告”する方法を知らなかった
    これまで大好評だった『疑義照会・失敗列伝』の4thは視点を変えた患者さんとの失敗談についてです。今回は、「残薬調整を“事後報告”する方法を知らなかった」です。
  3. 3
    大人のADHDを知ろう-どんな疾患?
    ADHD(注意欠如・多動症)が広く世間でも知られるようになり、ADHDに対する理解も進んできました。近年は効果的な薬もいくつか登場し、薬剤師がこの疾患の薬物治療に関わる機会も増えてきましたが、急な進歩でガイドラインの改訂も間に合っていないなどの事情もあり、やや苦手意識を抱いている薬剤師も多いようです。そこで今回は、このADHDという疾患の基本をおさらいしたいと思います。
  4. 4
    ひとり薬剤師はつらいよ.1~ここが大変
    薬局に自分ひとりしか居ない状態で働く「ひとり薬剤師」、大変なところ、やりがいを感じる...ところ、得られるもの 色々な角度からその実態に迫ります!
  5. 5
    Q.皮膚科の処方箋で、記載される塗布部位の漢字の読み仮名は?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「皮膚科の処方箋で、記載される塗布部位の漢字の読み仮名は?」
  6. 6
    Q.シナール配合錠が粉砕に適さない理由は?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「シナール配合錠が粉砕に適さない理由は?」
  7. 7
    オンライン服薬指導はどんな流れで行う?
    前回は、オンライン服薬指導の基本についておさらいをしました。今回は、実際にどのようにオンライン服薬指導を行うのかについて解説します。
  8. 8
    調剤過誤を見抜け-ホクナリンテープ編-
    常にてきぱきと対応することが求められる薬剤師さん。同時に正確さも求められるため、ついやってしまいがちな行動や思い込みをなくすきっかけとなれば調剤過誤を防げます。シリーズ1本目は、ホクナリンテープについてご紹介します。
  9. 9
    在宅薬剤師が患者の“日常”を守る
    訪問時の苦労話・辛い話は尽きることがない在宅医療。「受ける苦労以上に、患者さんのQOLに貢献できているというやりがいがある」とフロンティア薬局浅草橋店の高橋伸夫さんは語ります。在宅医療の苦労とやりがいについて、等身大のお話をうかがいました。
  10. 10
    調剤過誤を見抜け-ワーファリン編-
    常にてきぱきと対応することが求められる薬剤師さん。同時に正確さも求められるため、ついやってしまいがちな行動や思い込みをなくすきっかけとなれば調剤過誤を防げます。シリーズ2本目は、ワーファリンについてご紹介します。
  11. 11
    この筋肉痛はスタチンのせい?
    論文検索をもっと身近に。実務に使える情報を検索する方法をわかりやすく紹介するシリーズ1本目です。今回は、とある薬局でサービス向上のためにどうやって知りたい情報をつかめるかについてです。
  12. 12
    そのリスクはどのくらい?
    これまで大好評だった『疑義照会・失敗列伝』の4thは視点を変えた患者さんとの失敗談についてです。今回は、「そのリスクはどのくらい?」です。
  13. 13
    張り切りすぎて、服薬指導が長くなる新人薬剤師
    「服薬指導をするとき、張り切って説明が長くなってしまい悩んでいます。患者さんのためにも要点を絞ろうと思うのですが、すべてが大事に思えてきてしまい、短くすることができません。的確に説明できるようにするにはどうすれば良いでしょうか?」との相談に、村尾先生がアドバイスします。
  14. 14
    血液型が脳梗塞リスクに影響?|注目の臨床ニュース
    薬剤師必見!9/12~9/1の新着臨床ダイジェストニュースの中から、薬剤師ブロガーキクオが注目したニュースを1位~5位までランキング!1位のニュースと注目した理由とは?
  15. 15
    この薬歴でハイリスク加算は取れる?
    「ハイリスク加算は基本的には必ず取るようにいわれています。今のところ個別指導で指摘されたことはないのですが、この薬歴で加算は取れるでしょうか。」とのお悩みに、服薬ケア研究所所長 岡村祐聡氏がアドバイスします。
  16. 16
    ワクチンの打ち手拡大、どう思う?
    厚生労働省は新たな感染症に備え、特例として診療放射線技師、臨床工学技士による接種を認める方針を公表。そこでm3.com薬剤師会員の皆さんに「ワクチンの打ち手拡大」について意見をうかがいました。
  17. 17
    Q.5~11歳の小児に対するmRNAワクチン、心筋炎リスクは?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「室温保管が可能なラタノプロスト点眼液は?」
  18. 18
    離島薬局における勉強方法!どうやって薬剤師は臨床を学ぶの?
    今回は離島薬局における薬剤師の勉強方法についてお話しします。また少しだけ経営に関してもリンクして話していきます。それでは、いってみましょう!
  19. 19
    Q.せん妄の保険適応のある薬剤は?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「せん妄の保険適応のある薬剤は?」
  20. 20
    Q.小児に適応が認められているACE阻害薬は?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「小児に適応が認められているACE阻害薬は?」

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

キャリア 疑義照会 ライフ・雑学 店舗経営 医療クイズ 失敗列伝 ebm 感染症対策 薬剤師あるある アセスメント