1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師コラムランキング一覧

ランキング一覧

  1. 1
    Q.介護する家族への指導で適切なのはどれか。
    薬剤師も理解しておきたい医療知識を出題!今回の問題は看護師国家試験第第109回午前問題68より「介護する家族への指導で適切なのはどれか。」です
  2. 2
    過去最多の患者数!梅毒について
    最近ニュースでも取り上げられていますが、全国的に梅毒の感染者が急増しています。11月2日現在、2022年の累計患者数は10,465人と年間患者数が初めて1万人を超えました。そんな梅毒について原因菌や、症状、治療についてまとめました。
  3. 3
    Q.Aさんにみられている状態はどれか。
    薬剤師も理解しておきたい医療知識を出題!今回の問題は看護師国家試験第第109回午前問題66より「Aさんにみられている状態はどれか。」です
  4. 4
    患者さんとの「漢方薬が苦手」という雑談は薬歴に書くべき?
    「会計後の帰りかけに、患者さんが『漢方薬が苦手』とおっしゃったので、漢方薬について少しだけお話をしました。でも服薬指導後なので薬歴には書きませんでしたが、なんだかスッキリしません。どうすればよかったのでしょうか?」とのお悩みに、服薬ケア研究所所長 岡村祐聡氏がアドバイスします。
  5. 5
    検査値の読み方に自信がありません
    「3カ月前までアトルバスタチンを飲んでいた女性患者さんが『テレビで見たコレステロールの基準値を教えて欲しい』とおっしゃいました。それだけではよくわからなかったので、ネットで調べながら、L/H比のことだろうと推測しお話しました。薬剤師の指導としてこれで良かったでしょうか?」とのお悩みに、服薬ケア研究所所長 岡村祐聡氏がアドバイスします。
  6. 6
    エスゾピクロンはゾピクロンより効果あり?
    論文検索のノウハウについて解説する本シリーズ。前回までは、論文検索をするうえで最も重要なポイント「疑問をPECOで定型化し、検索効率に優れたワードを抽出する」ところについてでした。今回はその定式化したPECOから検索ワードを抽出する作業について詳しく解説していきます。
  7. 7
    「冷湿布」「温湿布」の違い
    薬剤師にとって「知っていて当たり前」とされていても、ど忘れしてしまったり、意外と抜けてしまっていたりする知識は出てくるもの。今回復習するキホンは「冷湿布、温湿布」です。
  8. 8
    Q.センノシドの効果発現までの時間は?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「センノシドの効果発現までの時間は?」
  9. 9
    薬局グループでの障害者雇用、実際は?
    障害者雇用は事業主に義務付けられていますが、民間企業の法定雇用率は2.3%程度。そこで今回は重度障害者を雇用しているクオールアシスト株式会社に取材し、実際の障害者雇用についてうかがいました。
  10. 10
    2023年花粉症対策~抗ヒスタミン薬の特徴について
    2023年の花粉症シーズンを前に押さえておきたい、「抗ヒスタミン薬」の各薬の“特徴”を踏まえた、それぞれの薬が活躍できる場面について解説します。
  11. 11
    患者を介護する「家族介護者」にも医療・介護専門職のケアが必要と判明|注目の臨床ニュース
    薬剤師必見!1/24~1/30の新着臨床ダイジェストニュースの中から、薬剤師ブロガーキクオが注目したニュースを1位~5位までランキング!1位のニュースと注目した理由とは?
  12. 12
    薬を減らすも料金がUP?上手な伝え方とは
    お薬が減ったのにいつもの領収金額(一部負担金)より増えてしまう事例について、詳しく解説します。
  13. 13
    2023花粉症~抗ヒスタミン薬の効果について
    2023年の花粉症シーズンを前に押さえておきたい、「抗ヒスタミン薬」の“効果”の強さ、花粉症治療を始めるタイミング、ステロイド点鼻薬や抗ロイコトリエン薬との効き目の違いや併用の意義について解説します。
  14. 14
    2023花粉症~抗ヒスタミン薬の眠気について
    2023年の花粉症シーズンを前に押さえておきたい、「抗ヒスタミン薬」の代表的な副作用“眠気”のメカニズム、眠くなりやすさ、効き目との相関、最も眠くなりにくい薬の選び方について解説します。
  15. 15
    2022年11月16日薬価収載の報告品目・新キット9製品
    2022年11月16日付で新医薬品の薬価収載が行われましたが、同日付で報告品目・新キット製品の薬価収載も行われました。今回はその製品についてまとめています。
  16. 16
    この調剤で問題はない?リンデロン編
    一見、問題なさそうに見える調剤済みの薬。本当に問題ないでしょうか。日頃なんなくできている調剤も意外なところに落とし穴があるかもしれません。それを確認していきましょう。今回は、リンデロンのヒヤリハットです。
  17. 17
    Q.大腸で吸収されるのはどれか。
    薬剤師も理解しておきたい医療知識を出題!今回の問題は看護師国家試験第第109回午後問題11より「大腸で吸収されるのはどれか。」です
  18. 18
    漢方薬が苦手な患者さんのモチベーションをあげるには
    「顆粒や細粒の漢方薬を服薬指導すると、「飲みにくい、まずいと」と患者さんに嫌な顔をされることがあります。漢方薬が苦手な患者さんの気持ちを上げる方法はないでしょうか?」との相談に、村尾先生がアドバイスします。
  19. 19
    Q.ウルティブロ®はなぜ素手で触ってはいけない?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「ウルティブロ®はなぜ素手で触ってはいけない?」
  20. 20
    Q.手指衛生に関して間違った記載は?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「手指衛生に関して間違った記載は?」

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

アセスメント 薬物療法・作用機序 漢方 医療クイズ 診療報酬改定 SOAP 薬歴 ebm 感染症対策 薬剤師あるある