1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師コラムランキング一覧

ランキング一覧

  1. 1
    Q.新型コロナ治療薬ラゲブリオの重症化予防効果は?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「新型コロナ治療薬ラゲブリオの重症化予防効果は?」
  2. 2
    処方薬についての指導がなければダメ?
    今回は、「薬歴では、処方薬について指導していないとダメなのでしょうか?」とのお悩みに服薬ケア研究所所長 岡村祐聡氏がアドバイスします。
  3. 3
    14新薬の特徴を解説〜2022年5月25日収載
    調剤薬局で働きながらSNSによる情報発信を続けているぺんぎん薬剤師がm3.com内で配信された臨床ニュースの中から一つを選び解説します。気になる臨床ニュースを深堀できるシリーズです。今回は2022年5月25日に薬価収載された新医薬品の特徴を簡単にまとめてみます。
  4. 4
    背が高いと病気のリスクも高い?|注目の臨床ニュース
    薬剤師必見!6/20~6/27の新着臨床ダイジェストニュースの中から、薬剤師ブロガーキクオが注目したニュースを1位~5位までランキング!1位のニュースと注目した理由とは?
  5. 5
    「記載ミスに気づかず患者に交付…」ヒヤリ・ハット事例
    FAXの記載ミスにより発展したヒヤリ・ハット事例です。患者へ交付後に誤りに気づき、正しいものへ交換を行いましたが、どのような対応が適切だったのか一緒に振り返ってみましょう。
  6. 6
    献血を知ろう!3~新型コロナQ&A
    こんにちは!献血歴150回以上の薬剤師・田村かおりです。今回は薬剤師にとって、身近でないように見えて身近な「献血」が具体的にどんな風に行われるものなのか、実際に献血に参加した場合の流れに沿って紹介します。
  7. 7
    Q.脂質異常症の治療薬と薬効で誤っているのは?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「脂質異常症の治療薬と薬効で誤っているのは?」
  8. 8
    Q.静脈血栓塞栓症に適応のないものを選べ。
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「静脈血栓塞栓症に適応のないものを選べ。」
  9. 9
    Q.疑義照会の対象としてまず注意すべき処方薬は?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「疑義照会の対象としてまず注意すべき処方薬は?」
  10. 10
    漢方薬のほとんどはプラセボでできている?
    今回は、漢方製剤の有効性を検討したエビデンスを紐解きながら、その効果に占めるプラセボ的な影響の大きさを見積もり、実臨床における漢方薬の考え方や服薬説明のポイントを考察する。
  11. 11
    「90歳代の患者さんへのクラビット投与量」ヒヤリ・ハット事例
    蜂窩織炎疑いで処方されたクラビットのヒヤリ・ハット事例です。臨床検査データから疑義照会を行った経緯を一緒に振り返ってみましょう。
  12. 12
    疑義照会をするのが怖くなってしまった新人薬剤師
    「初めて疑義照会をした際に、先方の医師より怒られてしまい、それ以来、疑義照会をするのが怖くなってしまいました。今後、疑義照会をする際に心がけること、事前に確認しておくことを教えてください。」との新人薬剤師さんからの相談に、村尾先生がアドバイスします。
  13. 13
    Q.添付文書の貼付部位として胸部がない医薬品はどれ?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「添付文書の貼付部位として胸部がない医薬品はどれ?」
  14. 14
    Q.足白癬に対する抗真菌薬の塗布期間は?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「足白癬に対する抗真菌薬の塗布期間は?」
  15. 15
    梅雨はつらい?片頭痛
    多くの方が悩まされている片頭痛。特に今のような梅雨時期は気圧の変化も大きく、普段よりも症状が酷くなってしまう方もいるようです。ちょうど今月、新規作用機序の治療薬も発売開始になったので、今回は片頭痛が起こった時の代表的な治療薬であるトリプタン系の薬剤についてまとめました。
  16. 16
    Q.発現するまでに時間がかかる薬は?
    薬剤師も理解しておきたい医療知識を出題!今回の問題は看護師国家試験第106回午前問題16より「発現するまでに時間がかかる薬は?」です
  17. 17
    献血を知ろう!1~準備編
    こんにちは!献血歴150回以上の薬剤師・田村かおりです。今回は薬剤師にとって、身近でないように見えて身近な「献血」が具体的にどんな風に行われるものなのか、実際に献血に参加した場合の流れに沿って紹介します。
  18. 18
    中医学からみる「便秘」
    様々な疾患の病態、症状、薬の作用機序を中医学の観点からアプローチする本シリーズ。今回取り上げるのは「便秘」。年齢問わず、ちょっとした環境の変化、体調の変化で起こりがちの症状です。ちょっとした患者様への情報提供にお使い下さい。
  19. 19
    Q.ステロイド外用薬の一般薬で最も強いランクは?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「ステロイド外用薬の一般薬で最も強いランクは?」
  20. 20
    Q.併用でルナベルの血中濃度を下げる恐れがあるものは?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「併用でルナベルの血中濃度を下げる恐れがあるものは?」

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

薬剤師ブロガー 疑義照会 医療過誤・ヒヤリハット 業界動向 医療ニュース 医療クイズ ランキング SOAP 薬歴 ebm