• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. Dr.竜平の脳梗塞治療と薬剤選択
  4. 今後アルテプラーゼ静注療法の適応が拡大か

Dr.竜平の脳梗塞治療と薬剤選択

更新日: 2021年1月17日

脳梗塞の最新の話題

Dr.竜平の脳梗塞治療と薬剤選択の画像1

脳梗塞は遭遇する頻度の多い疾患であり、内科医であれば必ず経験すべき疾患の一つです。とはいえ、脳梗塞の治療は日々変化しており、2019年にはガイドラインに新たな知見が加わった『脳卒中ガイドライン2015(2019追補)』が刊行されるほどです。全てを網羅することはできませんが、この連載で薬剤師が知っておくべき基礎知識や治療の変遷を解説したいと思います。なお、分かりやすさを追求するため大雑把な表現や不足の箇所もあるかと思います。温かい目で見守って頂ければ幸いです。
脳梗塞の治療法は日進月歩であり、私が最前線にいた頃から比べたら本当に変化しています。今回は2020年に発表され、恐らく今後の治療方針に大きく影響するであろう話題についてお話ししたいと思います。

(1) アルテプラーゼ静注療法 (t-PA療法) をして良い時間が変わる?

アルテプラーゼ静注療法 (t-PA療法) は投与禁忌事項に該当しない、脳梗塞発症4.5時間以内に投与することができる急性機治療の一つです(vol.3参照)。かつての発症3.0時間以内から4.5時間以内と適応が拡大され現在に至りますが、この“4.5時間以内”という枠組みがさらに拡大される可能性があります。
2018年に発表された論文(通称WAKE-UP試験)で「発症時間が不明の脳卒中患者に対しMRI画像で一定の条件を満たした場合に、アルテプラーゼ静注(=t-PA療法)を行うと90日後の転帰は良好であったが、頭蓋内出血が数値的には多く発症した」という結果が出ました。ざっくり言えば「今まで発症時間がわからないという理由のみでt-PA療法ができなかった症例も、一定の条件を満たせばt-PA療法の実施を考慮して良い」ということです。
詳細な適応条件は(結構難しいので)割愛しますが、今まで発症時間がわからないのでt-PA療法ができない患者さんを何人も目にしていただけに、非常に驚きのデータが出たといえます。日本はTHAWS試験で同じような結果が出たので、今後のガイドライン改定で「発症時刻が不明でも一定の条件下であればt-PA療法実施を考慮して良い」となる可能性が(まだ推測の段階ではありますが)高いと思います。適応拡大があれば、今後救急病院でt-PA療法を実施する機会は確実に増えてきますので、是非とも頭に留めて置いて頂けたらと思います。

(2) 新型コロナウイルス流行下での脳梗塞治療について

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

※現在、ソーシャルログイン機能を停止しております。
ご迷惑をお掛けしますが、新規会員登録の上、ご利用ください。

Dr. 竜平の画像

Dr. 竜平
ドクター りゅうへい

地方の医学部を卒業後、大学病院で脳神経内科診療に従事しました。その後、実家のクリニックに副院長として入職し内科診療を行なっています。また在宅医療にも興味を持ち診療業務を行なっています。趣味は格闘技やプロ野球観戦です。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

Dr.竜平の脳梗塞治療と薬剤選択

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

19万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード