新米薬剤師くるみぱんの勉強ノート

更新日: 2023年3月29日

【薬剤師必見】咽頭炎の原因の最重要菌!溶連菌感染症の治療と感染後の過ごし方について

新米薬剤師くるみぱんの勉強ノートの画像

春は環境が変わって子供も体調を崩しやすい季節です。今回は冬から春、梅雨時期にかけて増える溶連菌についてまとめました。

新米薬剤師くるみぱんの勉強ノートの画像

画像を拡大する

実は子供から成人まで感染する溶連菌感染症とは?

溶血性連鎖球菌という細菌が原因で起こる感染症です。溶血性連鎖球菌にはα溶血、β溶血、さらにA群、B群、C群などがありますが、一般的に溶連菌と言われるものはA群β溶血性連鎖球菌です。溶連菌の主な感染経路は飛沫感染と接触感染です。日常の中で発せられる咳やくしゃみなどで感染し、喉の痛みや発熱などの症状が現れます。溶連菌感染症は学童期に多くみられ、3歳以下では特異的な症状がほとんど見られません。また、子供への感染のイメージが強いですが、成人にも感染します。

新米薬剤師くるみぱんの勉強ノートの画像

画像を拡大する

溶連菌感染症の主な症状は発疹やイチゴ舌

2〜5日間の潜伏期間ののち、症状が現れます。咽頭痛や発熱といった風邪のような症状です。風邪と違って体や手足に発疹ができたり、イチゴのようなブツブツができるイチゴ舌が見られたりします。一方で風邪でよくみられる鼻汁や咳はみられません。また、インフルエンザの流行シーズンとも被っているときはその鑑別も重要になります。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

くるみぱんの画像

くるみぱん
くるみぱん

国家試験に受かり、薬学生から薬剤師ヘ。「くるみぱんの 薬学×付箋ノートBOOK」著者、Instagramで人気のわかりやすくまとめた勉強ノートは、今でも続けています。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

新米薬剤師くるみぱんの勉強ノート

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

医薬品情報・DI 薬物療法・作用機序 服薬指導 OTC医薬品 医療クイズ 副作用 ebm 感染症対策 薬剤師あるある アセスメント