ニュース・ランキング もっとも読まれたニュースをまとめてチェック

ニュース・ランキング もっとも読まれたニュースをまとめてチェック

日本臨床神経生理学会はこのほど、経頭蓋直流電気刺激(tDCS)について、マスコミの報道や機器の宣伝に影響され、危険な使用をしないよう注意を喚起した。2019年3月13日にNHKが放送した番組の中で、tDCSが特集されたこ…

4月に入ってからも花粉症に悩まされている方が多いのではないでしょうか。これは主にヒノキ花粉によるものです。ヒノキ花粉(Chamaecyparis obtusa)はスギ花粉…

糖尿病患者の血糖コントロール指標として汎用されるHbA1c検査の診断精度は、従来の経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)には及ばない可能性があることが、米シティー・オブ・ホープ国立医療センターの…

インフルエンザの流行が下火になった3月下旬、m3.com臨床ダイジェストではm3.com会員医師に対し、2018-19年インフルエンザシーズンを振り返って、結局主にどの抗ウイルス薬を処方したかを尋ねる意識調査を行った。…

バラシクロビルを減量投与した時の副作用  86歳男性、中等度腎機能障害を有した帯状疱疹患者。バラシクロビルを減量投与した時の副作用の発現頻度についてご経験があれば教えてください。…

日本小児科学会はこのほど、「乳児用調整液体乳(液体ミルク)の使用に関しての注意点」をホームページに掲載した。これは、2019年3月に液体ミルクの販売が開始されたことを受けての対応。「保存にあたっては高温下におかないこと」…

2014年以来、5年ぶりの改訂となる日本高血圧学会の「高血圧治療ガイドライン2019(JSH2019)」の詳細が、4月25日の発売を前に公表された。140/90mmHg以上を「高血圧症」と定義する点は従来と変わらないが、…

日本感染症学会はこのほど、セファロスポリン系抗生物質「セファゾリンナトリウム注射用0.25g/0.5g/1g/2g」で供給に支障が発生する可能性に対する学会の対応をホームページに掲載した。代替薬に関しては感染症関連学会が…

80歳、糖尿病患者に便秘薬の併用は可能?通院中の80歳糖尿病患者。便秘を訴えて来院。従来の便秘薬にリンゼス錠(リナクロチド)が併用可能でしょうか。また、症状に応じてどの程度増減できるでしょうか。食前の飲み方は変えられるで…

m3.com臨床ダイジェストが行った意識調査では、m3.com会員の回答医師が2018-19年インフルエンザシーズンに主に処方した抗ウイルス薬で最も多かったのはタミフル(一般名オセルタミビル)であり、ゾフルーザ(同バロキ…

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

疑義照会 医療過誤・ヒヤリハット ライフ・雑学 医療クイズ 失敗列伝 ebm 感染症対策 薬剤師あるある アセスメント 調剤基本料