ニュース・ランキング もっとも読まれたニュースをまとめてチェック

ニュース・ランキング もっとも読まれたニュースをまとめてチェック

ニプロファーマは8月1日、同社のロキソプロフェンNaパップ100mg「NP」について自主回収(クラスII)すると発表した。三和化学も同日、ニプロファーマの製造所で製造したロキソプロフェンNaパップ100mg「三和」につい...(続きを読む)

グラクソ・スミスクラインは8月22日、同社が製造販売する高尿酸血症治療剤「ザイロリック錠100」について自主回収(クラスII)すると公表した。...(続きを読む)

便秘や不眠など、死に至るリスクの低い症候や疾患は、軽視される傾向がある。入院患者に対して処方する頻度の高い下剤においても、昔から頻用されている薬が処方されるケースが多く、優れた新薬が出ても、専門医以外の医師が新薬を処方す...(続きを読む)

酸化マグネシウムの添付文書に記載されている薬物間相互作用は多岐にわたっているが、多くの場合は併用薬の効果が減じるものだ。唯一、活性型ビタミンD3製剤は、高マグネシウム血症を起こすことがあるので、十分な注意が必要である。...(続きを読む)

厚生労働省は8月15日、後発品等として21成分89品目を承認した。後発品として初めて承認されたのは5成分。ミクスの集計では、初後発品のうち参入企業数・品目数ともに最多は抗うつ薬・レクサプロ錠(一般名:エスシタロプラムシュ...(続きを読む)

医療事故の再発防止を目的に、過去の医療事故情報やヒヤリ・ハット事例(※)から原因や対策を知る「医療事故、ヒヤリ・ハット事例に学ぶ」シリーズ。今回は「誤ってプレドニン錠5mgも同時に削除」の事例を取り上げます。...(続きを読む)

国産初の新型コロナウイルス感染症経口薬として期待を集めている塩野義製薬「ゾコーバ」。その緊急承認が見送られたことが、同感染症に対するワクチンや治療薬を開発する各社の戦略に影を落としている。...(続きを読む)

日本化学療法学会はこのほど、合成セファロスポリン系抗生物質製剤「セファゾリンナトリウム」(販売名:セファゾリンNa注射用0.25g「NP」、同1g「NP」)の一時供給停止について、製造販売元のニプロの文書をホームページに...(続きを読む)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックが始まって以来、顔面を覆うフェイスシールドを着用した人を見かけることも珍しくなくなった。しかし、英イーストアングリア大学(UEA)ノリッジ医科大学のPaul Hu...(続きを読む)

たこつぼ型心筋症の発症は、家族との死別などのネガティブな感情ストレスと関連があり(ブロークンハート症候群)、罹患者は女性が圧倒的に多いことがよく知られている。しかし近年では、ポジティブな感情に関連してたこつぼ型心筋症を発...(続きを読む)

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

疑義照会 医療過誤・ヒヤリハット ライフ・雑学 医療クイズ 失敗列伝 ebm 感染症対策 薬剤師あるある アセスメント 調剤基本料