薬剤師スキルアップナビゲート

薬薬連携で支える「外来がん薬物療法」

病院に約8年、調剤薬局に約5年、あわせて13年の薬剤師経験をお持ちの進藤まゆみ(仮名)さんに、「薬剤師専用e-ラーニング<m3ラーニング>」を体験いただきました。

今回の講座
『がん薬物療法を受けている患者の支援に役立つ基礎知識』

2人に1人ががんに罹患し(※)、多くの患者さんが外来でがん化学療法を行う時代になりました。患者さんにも適切な治療を提供するため、がん治療の知識を持つ薬剤師による充実した薬薬連携が求められています。※国立がん研究センター(https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html)

がん薬物療法を受けている患者の支援に役立つ基礎知識
講座で学べること

がんの診断から治療法決定に至る過程がわかるようになる
がん薬物療法の目的に基づく適切な患者指導ができるようになる
抗がん薬による有害事象の評価とそれに基づく対応方法がわかるようになる
がん薬物療法における薬薬連携の重要性と運用のポイントが理解できるようになる

受講をおすすめしたい薬剤師イメージ

がん薬物療法に関わる処方箋を応需する可能性のある保険薬剤師
がん薬物療法を行っている病院・診療所に勤務する薬剤師がん薬物療法を行っている病院・診療所に勤務する薬剤師
・がん薬物療法の概要とそれによる有害事象について学びたい薬剤師
本格的な薬薬連携の構築を考えている薬剤師

講座の内容

第1部:がんの診断と治療法の選択、有害事象の評価について

がん薬物療法を行う患者をサポートするために必要ながん治療の基礎知識について確認します。
・CommonDiseaseとなったがん
・レジメン、標準治療、ガイドラインとは?
・がんの診断から治療法選択までの過……

m3.comは16万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイトです。
薬剤師のための最新医療ニュースや専門コラム、薬のクチコミ情報が揃っています。

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

疑義照会 医療過誤・ヒヤリハット ライフ・雑学 医療クイズ 失敗列伝 ebm 感染症対策 薬剤師あるある アセスメント 調剤基本料