1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 特集
  4. ダメ文章から学ぶ「読みやすい文章」の書き方

特集

更新日: 2022年10月4日

ダメ文章から学ぶ「読みやすい文章」の書き方1.~読者を迷子にしない

メインの画像1

薬剤師も、薬歴やトレーシングレポートなどで“他人に読んでもらう文章”を書く機会があります。しかし、せっかく色んな知識や深い考察ができていても、それをわかりやすく他人に伝えることができなければ、処方提案や他職種連携もうまくいきません。“上手な文章”には色々なタイプのものがありますが、わかりづらい、読みづらい、読んでいてなんだか疲れる文章というのは、わりと共通点があります。そこで、ちょっとダメな文章を例に、読みやすい親切な文章を書くためにはどういった点に気を付ければ良いか、誰でもできる基本的なテクニックをいくつか紹介します。

1.読者を「迷子」にさせない文章を書こう

問題.次の文章を「読みやすい文章」に直してください。

薬剤師が患者が使っている薬と飲み合わせが悪いものがないか、お薬手帳を確認する。

なんとなく意味はわかると思います。ただ、「薬剤師が」で文章が始まっているので「薬剤師」が主語の文章かと思いきや、次に「患者が」と続くので、読み手はこの「薬剤師が患者が」という文頭の7文字だけで、まず“どっちが主語なのかわからない迷子”になります。その迷子の状態のまま文章を読み進めていくと、なんとまた「飲み合わせが悪いものが」と、「が」が2回連続して出てきます。こうなると、読み手はこの文章の主語が「薬剤師」なのか「患者」なのか「飲み合わせ」なのか「悪いもの」なのか、全然わからなくなります。

それでもかろうじてこの文章の意味がわかるのは、「お薬手帳を確認する」という続きの文章を見て、「こういう文章に続くのであれば、きっとこの文章の主語は「薬剤師」だろうな・・・」と推測することができるからです。言い方を変えると、この文章は“たくさんある主語っぽいものの中から、読み手が本当の主語を推測して読む必要がある”ということになります。こうした“余計な労力”がかかる文章が続くと、筆者の主旨を理解する前に、文章の構造を推測するだけで疲れてしまうので、結果として非常に理解しづらい、読みづらい文章になってしまいます。

【特集】ダメ文章から学ぶ「読みやすい文章」の書き方の画像

▲読み手は、主語が「薬剤師」なのか「患者」なのか、最初の7文字でいきなり迷子になる。

・・・では、こうした読み手に余計な負担をかける不親切な文章にしないためには、どういったところに注意すれば良いのか、それを3点に絞って解説します。

POINT:主語をはっきりと明確に示そう

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

児島 悠史の画像

児島 悠史
こじま ゆうし

薬剤師 / 薬学修士 / 日本薬剤師会JPALS CL6。
2011年に京都薬科大学大学院を修了後、薬局薬剤師として活動。
「誤解や偏見から生まれる悲劇を、正しい情報提供と教育によって防ぎたい」という理念のもと、ブログ「お薬Q&A~Fizz Drug Information」やTwitter「@Fizz_DI」を使って科学的根拠に基づいた医療情報の発信・共有を行うほか、大学や薬剤師会の研修会の講演、メディア出演・監修、雑誌の連載などにも携わる。
主な著書「薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100(羊土社)」、「OTC医薬品の比較の比較と使い分け(羊土社)」。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

特集

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

キャリア 服薬指導 業界動向 医療クイズ 転職 ebm 感染症対策 薬剤師あるある アセスメント 調剤基本料