1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 特集
  4. 保湿剤によく用いられる3剤の違いは?

特集

更新日: 2023年12月10日 児島 悠史

保湿剤を使いこなそう!~「ヘパリン類似物質」「白色ワセリン」「尿素」の違いは?

メインの画像1

冬のスキンケアに欠かせない保湿剤ですが、医療用医薬品としてよく用いられるものには「ヘパリン類似物質」、「白色ワセリン」、「尿素」の3剤があります。これらはすべて“保湿剤”として扱われることもありますが、実はそれぞれ特徴があり、適した場面、適さない場面が存在します。そこで今回は、薬剤師として押さえておきたい、これら保湿剤の違いを活かした使い分けのポイントを紹介します。

「ヘパリン類似物質」~高価だが、保湿効果・使い心地の両面で優れる

『ヒルドイド』のシリーズに代表される「ヘパリン類似物質」は、その構造式中に親水基をたくさん持ち、周囲の水分を集めて保持する作用を持ちます。これによって保湿効果を発揮しますが、「ヘパリン類似物質」の保湿効果は「白色ワセリン」や「尿素」よりも高く1,2)、実際の皮膚症状や炎症を抑える効果もやや優れる3)、とされています。そのため、アトピー性皮膚炎の治療にも広く用いられており、保湿剤の“代名詞”的な存在になっています。

「ヘパリン類似物質」には剤型も「油性クリーム=ソフト軟膏(油中水型)」、「クリーム(水中油型)」、「ローション」、「フォーム」など様々なものがあり、時と場合に応じて適したものを選べるようになっています。これらの剤型は、基本的に厳密な使い分けが必要なものではありませんが、使い心地の良いクリーム剤やローション剤の方が塗布量は多くなる傾向にある4)、という点は押さえておく必要があります。

一方で、やや高価な値段がネックになって継続使用できないケースがあること、SNS等で“美容目的”の不適切使用を助長するような情報の拡散が横行している5)ことなど、色々と社会的な問題を抱えている側面もあります。薬剤師として、必要とする患者さんのもとにきちんと十分量の薬を届けられるよう、適正使用に十分警戒する必要があります。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

児島 悠史の画像

児島 悠史
こじま ゆうし

薬剤師 / 薬学修士 / 日本薬剤師会JPALS CL6。
2011年に京都薬科大学大学院を修了後、薬局薬剤師として活動。
「誤解や偏見から生まれる悲劇を、正しい情報提供と教育によって防ぎたい」という理念のもと、ブログ「お薬Q&A~Fizz Drug Information」やTwitter「@Fizz_DI」を使って科学的根拠に基づいた医療情報の発信・共有を行うほか、大学や薬剤師会の研修会の講演、メディア出演・監修、雑誌の連載などにも携わる。
主な著書「薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100(羊土社)」、「OTC医薬品の比較の比較と使い分け(羊土社)」。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

特集

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

コミュニケーション 医薬品情報・DI 薬物療法・作用機序 服薬指導 医療クイズ 疾患・病態 副作用 ebm 感染症対策 薬剤師あるある