• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師コラムランキング一覧

ランキング一覧

  1. 1
    外用剤の服薬指導が難しいなと感じています。
    「薬剤師mokaの漫画エッセイ」第15回は、外用剤に関する服薬指導の中から「目薬」についてのお話です。
  2. 2
    眠くならない風邪薬が欲しいと言われたら?
    多くの総合感冒薬には眠気を催しやすい鎮静性の抗ヒスタミン薬や鎮咳薬が含まれています。しかし、仕事や家庭の事情から、薬を飲んでゆっくりと休養できない人は少なくありません。眠くならない総合感冒薬が欲しい時に提案できる商品の選び方について説明します。
  3. 3
    Q.フルーツジュースの飲用を注意すべき抗アレルギー薬はどれか?
    りんごジュースなどのフルーツジュースと一緒に服用すると効果が減弱する抗アレルギー剤は次のうちどれか。
  4. 4
    厚労省・後発品承認 初後発は12成分|注目の臨床ニュース
    薬剤師必見!2/15~2/22の新着臨床ダイジェストニュースの中から、薬剤師ブロガーキクオが注目したニュースを1位~5位までランキング!1位のニュースと注目した理由とは?
  5. 5
    服薬指導に役立つステロイド外用薬まとめ
    ステロイドは強くて怖い薬! などのイメージを持っている患者さんも多くいらっしゃると思います。そこで患者さんが気になると思われる点についてまとめてみました。
  6. 6
    患者からの暴言、どうしている?
    今年1月に入院患者の家族による心無い言葉により看護師が退職し、病院が損害賠償を求め提訴したという記事が公表されました。薬剤師のみなさんも、少なからずお仕事のなかで経験していることがあるのではないでしょうか。そこで今回は患者からの暴言について、m3.com薬剤師会員へアンケートを実施しました。
  7. 7
    コロナ禍での薬学教育 今後はどうなる? Vol.4
    新型コロナウイルス感染症が社会に甚大な影響を及ぼすことで薬学教育の現場にも大きな変化が生じています。そんな中、迅速な対応と細かいフォローにより、早い段階で講義の体制をと整えた昭和薬科大学の取り組みについて、話をお聞きしました。
  8. 8
    「コロナ禍で加速、薬剤師の真価とは」
    コロナ禍によって激動の変化を遂げつつある社会。 新しい年を迎え、医療従事者の一員として期待されているのが薬剤師のお仕事です。 未来の医療を担う薬剤師にとって、さらなる飛躍の年に向かうなか、医師、経営者、教育者など、最前線で活躍する狭間研至氏にインタビューを行いました。 今回は全2回のうち後半となります。
  9. 9
    副作用歴を確認しよう!薬剤師の英会話
    副作用歴やアレルギー歴を確認することは、安全な薬物治療を考える上で非常に大切です。 「副作用歴」の情報をより正確に確認するためには、どのような英語表現を使えばよいのでしょうか。
  10. 10
    宅配ロッカーで非接触の処方薬の受け渡しを実現
    コロナ禍により急速に変化を求められた医療業界ですが、これからの薬局はどうあるべきでしょうか。そうしたなか、非接触のコミュニケーションニーズが高まるに伴い、冷蔵機能搭載の宅配ロッカー「スマートピックアップロッカー」の活用を始めたのが、「日本調剤 根津薬局」です。どのように使っているのか、ここでレポートします。
  11. 11
    処方がわかるようになる精神薬物療法の基礎
    近年の精神科疾患の外来患者数の増加、地域包括ケアシステム構築の流れから、他科医療機関や調剤薬局でも精神科疾患の処方に関わる機会がさらに増えていくと思われます。多剤併用、適応外使用などで読み取りにくいといわれる精神科疾患の処方に適切に対応するためには、主な精神科疾患の病態や薬物治療について知識を蓄えておく必要があります。
  12. 12
    新型コロナワクチン3社の違いは?
    日本での供給が正式に決定している海外で開発された新型コロナウイルスワクチンは、ファイザー社(米国)、英国アストラゼネカ社(英国)、米国モデルナ社(米国)の製品です。 3社のワクチンはどのようなものか? 違いがあるのか?をわかりやすくご紹介します。 〈令和3年1月20日現在〉
  13. 13
    Q.ケトプロフェン外用剤の妊娠中の安全性評価の状況は?
    薬剤師に必要な医療知識をクイズで出題。併用禁忌や副作用、服用方法など薬剤師には覚えておきたい薬剤クイズを学習・復習していきましょう。薬剤師が知っておきたい今回の問題は、「ケトプロフェン外用剤の妊娠中の安全性評価の状況は?」です
  14. 14
    妊婦や授乳婦に販売できる花粉症の薬は?
    妊娠や授乳の時期と花粉症の季節がかぶってしまい、毎日のように鼻水やくしゃみ、鼻づまりなど不快な症状に悩まされている方は少なくありません。今回はそんなお悩みを抱えた妊婦・授乳婦さんへのOTC薬の選び方、対応ポイントです。
  15. 15
    ロキソプロフェン細粒と内服液を味見してみた
    薬の味を的確に説明できることは、薬剤師の服薬指導の幅を広げます。自ら味見をして感じたことを患者さんに上手に伝えましょう。今回は、鎮痛・抗炎症・解熱剤であるロキソプロフェンの細粒(サワイ)と内服液(日医工)を味見します。
  16. 16
    狭間研至氏が考える、次世代薬局の姿
    コロナ禍によって激動の変化を遂げつつある社会。 新しい年を迎え、医療従事者の一員として期待されているのが薬剤師のお仕事です。 未来の医療を担う薬剤師にとって、さらなる飛躍の年に向かうなか、医師、経営者、教育者など、最前線で活躍する狭間研至氏にインタビューを行いました。 今回は全2回のうち前半となります。
  17. 17
    薬局薬剤師が医薬翻訳を勉強してみたら
    「薬剤師mokaの漫画エッセイ」第17回は、mokaさんが医薬翻訳を勉強してみたお話です。
  18. 18
    Q.新型コロナmRNAワクチンの有効性は?
    薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「新型コロナmRNAワクチンの有効性は?」
  19. 19
    医療業界で飛び交う略語を付箋で覚える!
    フォロワー2.1万人を抱える“薬学生“インスタグラマーくるみぱんさん。イラストや図表、ゴロ合わせを駆使した、わかりやすくてかわいい勉強ノートの投稿が人気です。このコーナーでは、そんな中でも特に現役薬剤師が「これは役立つ!」 と選んだノートをご紹介します 。 第3回は、他の医療従事者とのコミュニケーションに欠かせない、略語を覚えるのに役立つノートなどを紹介します。
  20. 20
    通院をやめようかなとぼやく患者さん
    今回は、通院をやめようかなとぼやく患者さんへ、どのように対応すべきか「服薬ケア研究所所長 岡村祐聡氏」がアドバイスします。

19万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード

書籍プレゼントキャンペーン