• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師スキルアップナビゲート
  4. 薬剤師こそ押さえたい乳癌薬物療法最新知識

薬剤師スキルアップナビゲート

更新日: 2020年2月21日

薬剤師こそ押さえたい乳癌薬物療法最新知識

薬剤師こそ押さえたい乳癌薬物療法最新知識の画像


病院に約8年、調剤薬局に約5年、あわせて13年の薬剤師経験をお持ちの進藤まゆみ(仮名)さんに、「薬剤師専用e-ラーニング<m3ラーニング>」を体験いただきました。

今回の講座

『乳癌薬物療法最前線』

薬剤師こそ押さえたい乳癌薬物療法最新知識 ポイントの画像

女性のがん罹患数1位(※)である乳癌は、大半の症例で薬物療法が欠かせず、外来化学療法やそれに伴う薬薬連携の進展、内服治療薬の増加などもあり、薬剤師としてかかわる機会が増えています。また乳癌治療薬は、適応追加も含め、新薬が相次ぎ、開発段階のものも複数あることから、理解を深めておきたい分野のひとつです。
※厚生労働省健康局がん・疾病対策課『平成28年 全国がん登録 罹患数・率 報告』p.17-18

薬剤師こそ押さえたい乳癌薬物療法最新知識 『乳癌薬物療法最前線』の画像
講座で学べること
  • 乳癌の基本的な事項、診断・治療法についてわかるようになる
  • 乳癌のサブタイプとそれに対する標準薬物治療について学ぶことができる
  • 乳癌薬物療法の最新エビデンスを把握することができる
  • 乳癌患者が納得して治療に取り組めるようサポートできるようになる
受講をおすすめしたい薬剤師イメージ
  • 調剤薬局や病院・診療所で乳癌患者に対して服薬指導を行う薬剤師
  • 乳癌薬物療法の現状や最新エビデンスを押さえておきたい薬剤師
  • 乳癌薬物療法で用いられる分子標的治療薬の使い方を把握したい薬剤師
  • 乳癌全般について学びたい薬剤師
講座を見る

講座の内容

第1部:乳癌基礎領域

がん全般について復習した後、乳癌の基本的な事項や診療の流れについて確認します。

  • がん発生機序と種類・性質
  • 乳癌の疫学、病態、成因:リスクファクター、エストロゲンサージ
  • 乳癌の症状、診断:
    • バイオマーカーの種類、マンモグラフィと超音波検査の至適条件、細胞診と針生検の違い
  • 乳癌の治療法:手術療法、放射線療法、薬物療法
薬剤師こそ押さえたい乳癌薬物療法最新知識 第1部:乳癌基礎領域の画像

第2部:乳癌薬物療法最前線①~早期乳癌~

乳癌治療の基本的な考え方を把握し、クリニカルクエスチョン(CQ)を取りあげながら、早期乳癌の薬物療法について学びます。

  • 乳癌治療の基本的な考え方:ハルステッド理論と全身病理論、サブタイプ別薬物療法
  • ホルモン療法
    • 最適な術後ホルモン療法はタモキシフェンorアロマターゼ阻害剤?
    • ホルモン療法の期間は5年or10年?
  • 化学療法
    • 化学療法の要不要の線引き:多遺伝子発現検査
    • 術前か術後か?
  • 抗HER2療法
    • 標準治療となったトラスツズマブ(Tmab)+術前後化学療法
    • 新規抗HER2薬とDual blockade
薬剤師こそ押さえたい乳癌薬物療法最新知識 第2部:乳癌薬物療法最前線①~早期乳癌~の画像

第3部:乳癌薬物療法最前線②~転移性乳癌~

治療薬が多い転移性乳癌の薬物療法について、標準治療と最新エビデンスを中心に理解を深めていきます。

  • ホルモン療法
    • 薬剤の順序と使い分け:抗エストロゲン剤、アロマターゼ阻害剤、GnRHアゴニスト
    • 分子標的治療薬との併用:CDK4/6阻害薬、mTOR阻害薬
  • 化学療法
    • 転移性乳癌のファーストライン
    • “横綱級”に次ぐ“大関級”の薬とは?
  • 抗HER2療法
    • HER2陽性乳癌の予後を「良好」に書き換えたTmab
    • 抗体薬物複合体(ADC)トラスツズマブエムタンシン(T-DM1)と次世代ADC
  • トリプルネガティブ乳癌(TNBC)と個別化治療(プレシジョンメディシン)
  • 「Human-Based Medicine(HBM)」という考え方
薬剤師こそ押さえたい乳癌薬物療法最新知識 第3部:乳癌薬物療法最前線②~転移性乳癌~の画像
講座を見る
受講後の感想

これまで乳癌患者さんとは主にホルモン療法薬の処方箋や併用薬・持参薬を通じてかかわってきました。ほとんどの方は状態が落ち着いている上、センシティブな患部でもあるため、患者さんからの情報収集が行いにくく、突然の質問や相談に対して適切な回答ができなかったこともありました。本講座では、薬物療法やその使用薬剤の選択基準に加え、検査や診断、他の治療法も含めた診療全体の流れなどもわかり、患者さんの情報を補完したり、情報を引き出しやすくするために活用できる知識がまとめられていると感じました。

乳癌の薬物療法、特に続々と登場する分子標的治療薬の使用について、臨床上での現在の位置づけや今後の展開など、最新データも含めた豊富なエビデンスとともに解説されおり、大変勉強になりました。また、医師間で見解が分かれている事項も紹介されており、同じような症例でも治療薬や投与期間などが異なる理由を理解することができました。

乳癌の化学療法や分子標的治療薬は、複雑そうなイメージがある上、専門科のある病院の薬剤師以外は、かかわる機会はあまりないと思い、学習を後回しにする傾向がありました。本講座では、たくさんある乳癌のレジメンや治療薬の中でも、各サブタイプごとの標準治療や注目されている治療薬をピックアップし、要点を明確にした説明となっていたのでわかりやすかったです。

講座を見る

ソーシャルログインをされた医療従事者の方に、コラム更新情報などのお役立ちメールをお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

すべてのサービス・機能をご利用いただくには、
m3.com会員登録が必要です。

QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

薬剤師スキルアップナビゲート

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

16万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

薬剤師コラムを読む

ソーシャルアカウントでログインしていただくと、「薬剤師コラム(一部除く)」をお読みいただけます。

ソーシャルログインをされた医療従事者の方に、コラム更新情報などのお役立ちメールをお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード