認定・専門資格薬剤師の資格取得体験記

更新日: 2024年2月27日 藤野紗衣

日病薬病院薬学認定薬剤師の資格取得体験記

メインの画像1

日病薬病院薬学認定薬剤師は、日本病院薬剤師会が主催する認定資格。「初めて取得した認定資格はこれ」という方も多いのではないでしょうか。これから取得を考えている人は、勉強のコツや取得後のメリット、資格更新の頻度などを体験記で事前にチェックくださいね。

1、日病薬病院薬学認定薬剤師とは?

日病薬病院薬学認定薬剤師は、その名前のとおり日病薬(日本病院薬剤師会)が主催している認定です。この認定資格は、「がん薬物療法認定薬剤師」「感染制御認定薬剤師」など、日本病院薬剤師会が主催する各種認定の認定・更新を受ける際に必要となる、いわば“基礎”のような資格です。

日本病院薬剤師会の会員であれば、勤務歴や論文・学会発表の条件がないため、小さな薬局やドラッグストア等の薬剤師でも目指しやすい認定です。

2、資格取得のきっかけ

以下のような理由で、資格取得を考えました。

  • 大きな目標(日病薬病院薬学認定薬剤師取得)があると勉強が継続しやすい
  • 転職の際に他の薬剤師との差別化になる

薬学は医学とともに日進月歩の学問です。勉強は継続していなければなりませんが、人間は弱い生き物なので怠け心が働くこともある…。そんな自分のために大きな目標を持つと、「こんなことに負けてはいけない」「〇〇までに△△をしてしまわないと…」という気持ちになって、勉強が継続できます。

現在の職場に満足して働いていても、状況がずっと同じだという保証はありません。「認定薬剤師であるということはしっかりと勉強を継続している証拠」なので、転職の時には有利です。転職したいと思った時にすぐに行動できるようにしておこうという気持ちもありました。転職のことが常に頭の隅にあったのは、薬局から事務室への異動を経験しているからだと思います。

3、仕事と勉強を両立させるコツは?

「試験ありの資格取得のための勉強」というとすごく大変そうですが、実際はそうでもありませんでした。というのも

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

藤野紗衣の画像

藤野紗衣
ふじの さえ

大学卒業後、ドラック・精神科病院に各1年間勤務後、一般病院薬局で10年間、同じ病院事務室で19年勤務、安全衛生委員会事務局担当を務める。病院勤務後半は学術活動も行い、副作用報告データベース解析などの研究活動も行う。現在は薬剤師ライターとして、医療記事、転職記事などの執筆活動を行っている。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

認定・専門資格薬剤師の資格取得体験記

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

薬剤師あるある 医薬品情報・DI 薬物療法・作用機序 服薬指導 ライフ・雑学 マンガ 薬剤師に聞きました アンケート 医療クイズ ebm