服薬指導にも生かせる「中医学から見る疾患」

更新日: 2022年6月20日

「便秘」中医学からみるとどうなるの?

メインの画像1

西洋医学から見た「便秘」

皆さんご存じの通り「便秘」とは数日間排便がない、排便はあるが間隔が一定しない、残便感が残るなどの症状のことを指します。

西洋医学の観点から「便秘」を分類すると、食事の量が少なかったり、運動不足だったり、加齢による排便に関わる筋力が衰えることなどから生じる「弛緩型」、精神的なストレスや腸が過敏になることなどから生じる「痙攣型」、下剤や浣腸などを使いすぎたことなどにより生じる「直腸型」の3つに大きく分類されます。ほかにも器質性の便秘もあるかとおもいますが、今回は省かせていただきます。

これらの「便秘」の状態に応じて薬を選択して行くのですが、現在では「便秘」の治療薬は大きく「非刺激性下剤」と「刺激性下剤」の2種類に分けられるかと思います。

このうちの「非刺激性下剤」は便を水分調整により軟らかくしたり、便のかさを増したり、腸内の環境を整えることにより腸の蠕動運動を促し、排便を促す作用を持つものがこちらに分類されます。このタイプの薬は腸への刺激も穏やかな分、効き目もマイルドで頑固な便秘の方には効果が見られなかったり、効果が出るまでに時間がかかったりしてしまうことがあるといわれています。

もう一つの「刺激性下剤」は、大腸を刺激することで蠕動運動を促すことで排便につなげます。このタイプの薬は連用しすぎると腸の感受性が低下することもあるので注意が必要になってきます。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

河本 ちかこの画像

河本 ちかこ
かわもと ちかこ

薬科大学を卒業後外資系企業にてMR、新製品企画部にて勤務。その後、企業の経営を学ぶべく大学院でMBAを取得する。MBA取得後は医薬品業界の市場分析などを執筆する傍ら薬膳アドバイザー、食育インストラクターなどの資格を取得。健康な体は日々の食事からをモットーに、現在は薬局薬剤師として勤務しながら中医学の見識を深めるために中国人医師のもとで勉学にいそしんでいる。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

服薬指導にも生かせる「中医学から見る疾患」

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

疑義照会 ライフ・雑学 医療クイズ 失敗列伝 ebm 感染症対策 薬剤師あるある アセスメント 調剤基本料 薬剤師ブロガー