• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 在宅医療で薬剤師は何ができるのか?
  4. 5年後の在宅薬剤師に求められるものとは?

在宅医療で薬剤師は何ができるのか?

更新日: 2020年3月1日

第5回:5年後の在宅医療で薬剤師に求められるものとは?

第5回:5年後の在宅医療で薬剤師に求められるものとは?の画像

 近年の診療報酬改定を見ても明らかな通り、国は薬剤師の役割が大きく変わることを期待しています。薬局薬剤師は「薬局で患者を待つ」スタイルから、「患者さんのもとに赴く」スタイルへと変化しています。少子高齢化の加速により、在宅医療における薬剤師の存在感はさらに増していくことでしょう。
今回は、「薬剤師が関わる在宅医療はこれからどのように変化していくのか」について、Hyuga Pharmacy(ヒューガファーマシー)取締役兼事業本部長の城尾浩平さんにうかがいます。

(参考)厚生労働省【令和2年度診療報酬改定について】 

▼前回までの記事
第1回「Hyuga Pharmacyにおける在宅への取り組み」
第2回「Hyuga Pharmacyが在宅に注力する理由」
第3回 在宅医療において薬剤師に期待すること
第4回 あいさつこそ在宅薬剤師に必要なスキルである!

非薬剤師が調剤業務を担うことで薬剤師は対人業務に集中できるように

近年は診療報酬改定の影響もあり、在宅医療に取り組む薬局がぐっと増えました。5年後、10年後の在宅医療において、薬剤師の在り方はどのように変わると思いますか。

城尾 在宅医療に限らず、すでに薬剤師の業務そのものが変わってきています。象徴的だったのが、2019年4月2日付で厚生労働省より発出された「調剤業務の在り方について」の内容です。非薬剤師による調剤業務の規定が明記され、従来、薬剤師が行っていた一部の対物業務を非薬剤師ができるようになりました。薬剤師は対人業務や処方管理、処方提案にシフトさせるという国の意向が見てとれます。

在宅医療でも同様です。これまでより、対人業務の重要度が高まっていくのは明らかです。自宅や施設に届けるだけなんてもってのほか。薬局薬剤師は決して薬の配達屋ではなく、薬の専門家としての付加価値を提供する必要があります。それは患者さんに対してだけでなく、他職種に対しても同じ。薬のプロとして医師への処方提案などが求められているのです。

SNSなどの外部サービスアカウントでログインされた方にコラム新着記事をお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

在宅医療で薬剤師は何ができるのか?

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

19万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

薬剤師コラムを読む

SNSなどの外部サービスアカウントでログインしていただくと、「薬剤師コラム(一部除く)」をお読みいただけます。

SNSアカウントでログインされた方にコラム新着記事をお届けします。メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード