• 薬剤師
  • コラムが読める

1分で読める!診療報酬改定ニュース

更新日: 2020年1月22日

調剤基本料の二つの論点

調剤基本料の二つの論点の画像

少子高齢化が進む日本の医療の基盤再編のため、地域包括ケアシステムを根底に厚生労働省が掲げた「患者のための薬局ビジョン」。この方針にのっとって、2年に一度の診療報酬改定が行われています。薬剤師業務の見直し、評価制度の検討、薬局経営の変化など、日々改定に関するニュースを気にしている薬剤師も多いと思います。今後、薬局や薬剤師のあり方はどう変わっていくのか。今年の報酬改定の最新動向についてまとめました。

(参考)厚生労働省【令和2年度診療報酬改定について】 

(参考)厚生労働省【患者のための薬局ビジョン】 

2025年には、団塊の世代が75歳以上となり、介護・医療費等の社会保障費が急増することも深刻化されるなか、そのような社会環境を想定し、行政は報酬改定を始めとした医療制度の見直しを図っています。果たして、2020年度報酬改定は医療現場で働く薬剤師にどのような影響をもたらすのでしょうか。


2019年12月11日、中央社会保険医療協議会で、調剤報酬についての議論が行われました。調剤報酬に関する検討項目として、下記が掲げられました。

  • 調剤基本料
  • かかりつけ薬剤師・薬局の評価を含む対人業務

調剤基本料に関する論点は二つあります。
一つ目は、「薬局の収益状況や医薬品の備蓄等の効率性を踏まえ、『特定の医療機関から処方箋を多く受け、かつ一定程度の処方箋の受付回数がある薬局』という点。二つ目は、『診療所の敷地内にあり、不動産の賃貸借等の関係にある薬局等の評価を見直すことはどうか』」 …

SNSなどの外部サービスアカウントでログインされた方にコラム新着記事をお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

1分で読める!診療報酬改定ニュース

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

19万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

薬剤師コラムを読む

SNSなどの外部サービスアカウントでログインしていただくと、「薬剤師コラム(一部除く)」をお読みいただけます。

SNSアカウントでログインされた方にコラム新着記事をお届けします。メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード