ファーマスタイル編集部 注目 薬剤師コラム
2021年9月1日〜20日、「m3.com」に掲載された「薬剤師コラム・特集」の中でファーマスタイル編集部で気になった記事をピックアップしました。

薬剤師の日常業務やスキルアップに役立つ情報、専門家コラムはこちら 全ての記事を読むのはm3.comに会員登録(無料)が必要です。
m3.com会員の方はこちらからログイン >

少しでも体調が気になるとご自身の判断で薬を飲みすぎてしまう60代前半の女性患者さんをケースに、指示通りに薬を服薬してもらうための服薬指導例を紹介します。

後発医薬品の自主回収が相次いでおり、多くの薬剤師が代替薬の調達や患者対応に追われています。今回、m3.com薬剤師会員385人から、現状の後発医薬品の自主回収に伴う現場への影響について、アンケート調査を実施しました。

今年2月に実施した第106回薬剤師国家試験の中から、注目の問題を解説します。改めて薬学知識の確認とともに、新人薬剤師さんとのコミュニケーションにもご活用できる内容です。

薬剤師なら知ってて当たり前!?必要な医療知識をクイズで出題!今回の問題は「次のうち休薬期間が4日のものは?」

後発医薬品メーカーの自主回収が相次ぎ、多くの薬剤師が対応に追われています。このような状況のなか、薬剤師の情報収集を支援するため、Twitterで毎日欠かすことなく後発医薬品の出荷調整・販売中止・回収情報を毎日発信している、星野智大先生に話をうかがいました。

調剤薬局で働きながらSNSによる情報発信を続けているぺんぎん薬剤師がm3.com内で配信された臨床ニュースの中から一つを選び解説します。

薬剤師に必要な医療知識をクイズで出題。併用禁忌のクイズや副作用のクイズ、服用方法など薬剤師には覚えておきたい薬剤クイズを学習・復習していきましょう。薬剤師が知っておきたい今回の問題は、「慢性片頭痛の患者が注意すべき生活習慣病治療薬は?」です

第3類医薬品の購入を検討している方に関するヒヤリ・ハット事例です。お薬手帳の持参がなく、併用薬を覚えていない場合の対応を一緒に振り返ってみましょう。

薬の味を的確に説明できることは、薬剤師の服薬指導の幅を広げます。 自ら味見をして感じたことを患者さんに上手に伝えましょう。今回はマクサルトRPDの味見です。

大分県が出身となるワディポップさん。現在は福岡県にある「大賀薬局」で働いています。就職先選びから現在の活動、新たな野望まで、いまだから伝えられる薬剤師の働き方や現状についてうかがいました。

QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

キャリア 医療過誤・ヒヤリハット 店舗経営 医療クイズ ebm 感染症対策 薬剤師あるある アセスメント 調剤基本料 薬剤師ブロガー