• 薬剤師
  • コラムが読める

薬歴ビフォーアフター~薬歴の悩み、解決します~

更新日: 2018年9月14日

医師から「薬のせいじゃない」と言われたことについて、薬歴にどう書く?

薬歴ビフォーアフター~薬歴の悩み、解決します~医師から「薬のせいじゃない」と言われたことについて、薬歴にどう書く?の画像
お悩み
処方薬とは関係ないことを、どう書けばいいの?
患者さん:Bさん女性63歳。
7年ほど前、気分が悪く手足のしびれを訴え受診したところ、脳梗塞が見つかり入院。心房細動も指摘され、アブレーション。その後抗凝固薬のみ処方が続いている。併用薬、他科受診はなし。アドヒアランスは良好。『夜何度もおしっこに起きる』ことが気になるが、ドクターからは薬のせいじゃないと言われた。

[処方内容]
プラザキサカプセル75mg 1回2cap 1日2回 朝夕食後 28日
 今回のお悩みは、次のようなケースです。
ある日来局したBさんより「先生が気になることある?って聞くから『夜何度もおしっこに起きる』と答えたら薬のせいじゃないから泌尿器科行けって言われたんだけど・・・」と相談されました。添付文書で頻尿の副作用がないことを確認したうえで、お薬以外の理由を考えてみました。実はBさんは美容院を経営しており、昼間は一日中立ちっぱなしのお仕事です。以前から足の浮腫みの悩みを聞いていたため、浮腫みによる夜間頻尿の可能性もあるかなと考えました。そのため今日は、足を高くして寝るなど、浮腫みの解消を試みるようにお話をしました。
 実際に患者さんとお話したことは、今日の処方薬と関係ないことです。そのようなケースは結構多いのですが、薬歴にはどのように書けばよいでしょうか?
解決!

この記事の続きを読むには

岡村 祐聡の画像

岡村 祐聡 おかむら まさとし

有限会社服薬ケア研究所所長。明治薬科大学薬学部薬剤学科卒業。
都内調剤薬局や調剤薬局チェーンの教育担当管理職を経て、1997年に『服薬ケア研究所』を設立。
「服薬ケア」理論を各地で提唱し続け、全国各地で開催される研修会や服薬セミナーなどでも精力的な活動を行っている。 2002年には、服薬ケアを学ぶ全国の有志で設立された「服薬ケア研究会」から要請を受け、会頭に就任。最新著書は「10日間で極意をつかむ選ばれるかかりつけ薬剤師になる 患者応対技術と服薬ケアコミュニケーション」(診断と治療社)。書籍の詳細は服薬ケア研究所のホームページを参照。
http://www.fukuyaku.com/FCcommunication.html
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

薬歴ビフォーアフター~薬歴の悩み、解決します~

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

16万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード