ファーマスタイル編集部 注目 薬剤師コラム
2021年10月1日〜20日、「m3.com」に掲載された「薬剤師コラム・特集」の中でファーマスタイル編集部で気になった記事をピックアップしました。
全ての記事を読むのはm3.comに会員登録(無料)が必要です。
m3.com会員の方はこちらからログイン >

2021年9月19日、20日に開催された第54回日本薬剤師会学術大会での注目分科会を選出。当記事では今後の薬局、薬剤師のあり方に関して発表した「改正薬機法に見る今後の薬局、薬剤師のあり方」をレポートします。

「服薬指導の際、『食前の薬が飲めない』と話す患者さん対しての服薬指導、薬歴記載方法を服薬ケア研究所所長 岡村祐聡氏がアドバイスします。

厚生労働省が、2020年度に国内における卒後研修の実態を把握するために実施した「薬剤師の卒後研修カリキュラムの調査研究」のアンケート結果をご紹介します。

「ファーマシストの流儀」第3回は、起業家薬剤師としてさまざまな事業を展開する一方、『みんなで選ぶ薬局アワード』開催を通じた薬局PR活動に取り組む竹中孝行先生です。竹中先生が起業家薬剤師として活動する背景には、意外な理由がありました。起業することになったきっかけや、『みんなで選ぶ薬局アワード』に込めた思いなどをうかがいました。

日本人の4人に1人が悩まされていると言われ、もはや国民病となっている『頭痛』。 生活の中で痛みを感じるのはとてもツラく、強い痛みや慢性的な頭痛は日常生活に支障をきたすこともありますよね。鎮痛剤に頼るだけでなく、自分の体質を改善することで、身体の中から頭痛を予防していきましょう!

「薬剤師mokaの漫画エッセイ」第25回は、麻薬処方箋についてです。麻薬処方箋を経験した後は、薬剤師として一歩レベルアップ出来たと感じるほど、確認が必要で緊張する業務です。

医療をテーマにした有名なマンガ、ニッチなマンガを紹介しながら、そのストーリーやキャラクター、あるいはそのセリフから、私たち薬剤師が学ぶべき内容を考える『医療マンガで学ぶ薬剤師の矜持』シリーズ。今回は、病理医を題材にした「フラジャイル 病理医岸京一郎の所見」を紹介します。「10割の自信を持って診断する」という主人公岸の生き方や考え方は、さらなる成長を求められている私たち薬剤師にとって、学ぶべきことと忘れてはいけないことを示してくれます。

経口糖尿病治療薬は薬剤師として関わる機会が多い薬剤のひとつです。種類も豊富なうえ、ハイリスク薬でもありのでしっかり学んでおきましょう。また、全糖尿病患者の約半分を占めるといわれる高齢者に 使用する場合、高齢者特有の特徴も踏まえたアセスメントや服薬指導を求められることから、それらの薬剤に対してより理解を深めておく必要があります。

一次性頭痛の中で最も頻度が高く、日本人の成人およそ5人に1人が有していると言われる緊張型頭痛。特徴や治療法、日常生活の注意点などをまとめました。

薬局が混雑していたときに発生したヒヤリ・ハット事例です。飲食物と薬剤がもたらす影響について一緒に振り返ってみましょう。

QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

薬剤師ブロガー 糖尿病 調剤報酬改定 薬物療法・作用機序 服薬指導 医療過誤・ヒヤリハット 医療ニュース OTC医薬品 パーキンソン病 ファーマスタイル